日本俳優協会

公益社団法人日本俳優協会(にほんはいゆうきょうかい)は、歌舞伎新派そして商業演劇に出演する俳優の職業団体である。1959年から2012年3月までは、文部省によって認可された社団法人であったが、2012年4月より公益社団法人となる。

目次

沿革編集

  • 1889年 前身となる東京俳優組合を結成。
  • 1909年 大日本俳優協会に改組。
  • 1915年 東京俳優組合演芸会(現在の俳優祭)を開始。
  • 1931年 「俳優名鑑」を刊行。
  • 1946年 大日本俳優協会を解散。
  • 1952年 関西歌舞伎俳優協会を結成。
  • 1957年
    • 1月 日本俳優協会として再建。
    • 7月 第1回俳優祭を開催。
  • 1958年 関西歌舞伎俳優協会と合流し、日本俳優協会関西支部となる。
  • 1959年
    • 5月 文部省から社団法人として認可される。
    • 9月 関西俳優協会として合併し、日本俳優協会関西支部となる。
  • 1965年 日本芸能実演家団体協議会が発足し、参加。
  • 1968年 第1回関西俳優祭を開催。
  • 1995年 第1回日本俳優協会賞を開催。
  • 2001年 『かぶき手帖』を刊行。
  • 2012年 公益社団法人となる。

歴代会長編集

  1. 二代目市川猿之助(1959〜1963年)
  2. 三代目市川左團次(1963〜1969年)
  3. 六代目中村歌右衛門(1971〜1999年。ただし、1969年に三代目市川左團次が死去したことにより、同年〜1971年の間は会長代行として就任)
  4. 十七代目市村羽左衛門(1999〜2001年)
  5. 四代目中村雀右衛門(2002〜2008年。ただし、2001年に十七代目市村羽左衛門が死去したことにより、同年のみ会長代行として就任)
  6. 七代目中村芝翫(2008〜2011年)
  7. 四代目坂田藤十郎(2012年〜。ただし、2011年に七代目中村芝翫が死去したことにより、同年のみ会長代行として就任)

関連項目編集

外部リンク編集