メインメニューを開く

中田 一郎(なかた いちろう、1937年(昭和12年)3月1日 - )は、日本の東洋史学者西アジア・中東史)、中央大学名誉教授。 1963年早稲田大学文学部卒、同大学院西洋史学専攻博士課程中退、1966年ヒブルー・ユニオン・カレッジ大学院修士課程修了、74年コロンビア大学大学院博士課程修了、Ph.D 取得。論文は「Deities in the Mari Texts; Complete Inventory of All the Information on the Deities Found in the Published Old Babylonian Cuneiform Texts from Mari and Analytical and Comparative Evaluation Thereof with Regard to the Official and Popular Pantheons of Mari」(マリから出土した古代バビロニアの神についてのテクストの分析)。中央大学文学部助教授教授、2007年定年、名誉教授。2010年より2016年まで古代オリエント博物館館長。

著書編集

翻訳編集

  • 『古代オリエント資料集成 ハンムラビ「法典」』リトン、1999
  • デニス・シュマント=ベッセラ『文字はこうして生まれた』小口好昭共訳 岩波書店、2008

参考編集