中臣勝海
時代 古墳時代
生誕 不明
死没 用明天皇2年(587年4月
別名 勝海連
官位 大夫
主君 敏達天皇用明天皇
氏族 中臣連
父母 父:中臣鎌子または中臣磐余または中臣真人
兄弟 荒猪連、花子連、小神連、忍立連
若子連夜、古多比連、贄古連、鳥麻呂連
テンプレートを表示

中臣勝海(なかとみのかつみ)は、古墳時代豪族中臣氏の一人。。出自は明らかでなく、父は中臣鎌子・中臣磐余・中臣真人の諸説がある。大夫(まえつきみ:議政官)の地位にあった。

経歴編集

日本書紀』によると、敏達天皇14年(585年)3月、物部守屋と共に、疫病流行の原因が蘇我氏の仏教信仰のせいであると奏上したとされる。用明天皇2年(587年)4月、天皇が病床で仏教に帰依する旨を詔し、群臣にこのことを協議するように命じた際にも、守屋と共に詔に反対している。その後、守屋の挙兵に呼応して、自宅に兵を集め、押坂彦人大兄皇子の像と竹田皇子の像を作り呪詛するが、反乱計画の不成功を知って彦人大兄に帰服。皇子の宮に行ったが、宮門を出たところで迹見赤檮に殺された。

系譜編集

父に関しては諸説あり、鎌子連とするもの、磐余連とするもの[1][2]、または真人連とするものもある[3]。ただし真人連は継体朝の人物とされるため、年代的に見て鎌子連の子とする系図が正当であると見られる[4]。また磐余連は『日本書紀』の敏達十四年紀に排仏活動をしている記事があり、実際には勝海連の父ではなく弟であったと見られる[5]

若子連、古多比連、贄古連の三子があり、古多比連からは中臣宮処連が、贄古連からは中臣大家連が出たという[6]。なお「中臣氏総系」では父である古多比連が脱落し、代わりにその子の鳥麻呂連を置いている[7]

脚注編集

  1. ^ 鈴木真年『史略名称訓義』用明天皇項
  2. ^ 鈴木真年「中臣氏総系」『諸系譜』第三冊。
  3. ^ 「松尾社家系図」(『続群書類従』巻第181所収)
  4. ^ 宝賀寿男「三 欽明朝以降の中臣本宗家と鎌足の先祖たち」『古代氏族の研究⑤ 中臣氏 卜占を担った古代占部の後裔』青垣出版、2014年、56頁。
  5. ^ 宝賀寿男「七 月神を祀る種族」『古代氏族の研究⑤ 中臣氏 卜占を担った古代占部の後裔』青垣出版、2014年、141頁。
  6. ^ 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年
  7. ^ 鈴木真年「中臣氏総系」『諸系譜』第三冊。

関連項目編集