メインメニューを開く

中里 友香(なかざと ゆか)は、日本小説家推理作家

経歴・人物編集

アメリカ合衆国ロサンゼルスアズサ・パシフィック大学en)卒業(哲学専攻)。カリフォルニア州立大学ロングビーチ校修士課程(哲学専攻)中退。

2007年、幻想小説『黒十字サナトリウム』で第9回日本SF新人賞を受賞(黒葉雅人と同時受賞)。2008年9月、同作が徳間書店より刊行。受賞後、『黒十字サナトリウム』が刊行される前に徳間書店のSF雑誌『SF Japan』に短編「逆十字入門」が掲載されており、この短編も単行本『黒十字サナトリウム』に収録されている。2012年には、『カンパニュラの銀翼』で第2回アガサ・クリスティー賞を受賞している。

作品リスト編集

単行本
短編
  • 貴方綴り - 『三田文学』第77号(2004年春季号) - 第11回(2004年)三田文学新人賞最終候補作
  • 葉コボレ手腐レ死人花 - 『SF Japan』2009年秋号、徳間書店
  • セイヤク - 『異形コレクション Fの肖像 フランケンシュタインの幻想たち』(2010年9月、光文社文庫)
  • 日没までつきあって - 『SF Japan』2011年春号、徳間書店
  • 風切り羽の安息 - 『ミステリマガジン』2012年12月号(No.682)早川書房
  • 人魚の肉 - 『ミステリマガジン』2012年12月号(No.682)早川書房, - 『リテラリーゴシック・イン・ジャパン: 文学的ゴシック作品選 』(2014年1月、ちくま文庫)
  • “極東での若き日々” - 『小説すばる』2014年4月号、集英社

翻訳

外部リンク編集