福島市にある中野不動尊

中野不動尊(なかのふどうそん)は、福島県福島市飯坂町中野にある曹洞宗。中野山大正寺と号す。日本三大不動尊のひとつに数えられる。

概要編集

約820年前に開かれたといわれる。1179年(治承3年)春、恵明道人が1匹のカモシカに導かれ当地に入山し、未踏の地であった中野の山中に洞窟が人々により長きに渡り掘られ、各施設が建立され寺院として整備されていった。境内には厄除・眼守・三ヶ月の三不動明王が祀られており、日本における六三除けの祈祷発祥の地といわれている。

現在は福島県県北地方でも福島稲荷神社と並ぶ有数の寺社となり、初詣の参拝者数は県内でもトップクラスである。

行事編集

  • 01月 - 初詣・三朝大般若祈祷
  • 02月 - 釈尊涅槃会・歳祭り(御開帳)・水行
  • 04月 - 花祭り・春季大祭
  • 08月 - 盆踊り
  • 10月 - 七五三祈祷
  • 12月 - 釈尊成道会・寿餅会

施設編集

  • こと清水(当山における手水場)
  • 岩窟の清水
  • とげぬき地蔵
  • 祈祷殿
  • 大日堂
  • 奥の院
  • 七つの洞窟
    • 三十六童子
  • 寂光門
  • 不動滝
  • たにしが池
  • あんど釜
  • いろは石段
  • 本堂
  • 茶屋かもしか庵

所在地編集

  • 〒960-0261 福島県福島市飯坂町中野字堰坂28