盆踊り

盆の時期に死者を供養するための踊り

盆踊り(ぼんおどり)は、の時期に先祖を供養する行事、またその行事内で行われる踊り[1]

盆踊りの一例(名古屋市港区にて)
盆踊りの一例(多摩ニュータウン

概要編集

誰でも踊りに参加できるタイプと、主に見せるために限定された踊り手が踊るタイプとがある[2]。前者は、広場の中央にを立て、やぐらの周囲を回りながら音頭にあわせて踊る形式が一般的である。盆踊りの伴奏音楽としては多く音頭が奏でられる。近年は録音された音頭を電気的に再生して行うことが主流になっている。

歴史的には村落社会において娯楽と村の結束を強める機能的役割を果たした。そのため、各地にご当地音頭も多く存在し、自治体や商工会などが作成したオリジナルの地域的音頭も増えている。明治以前は歌垣などの風習に結びついていた。お盆の時期に行われるが、宗教的意味合いは薄く、農村や庶民の娯楽として楽しまれてきた[3]。江戸時代には盛況しすぎるため一揆につながらないよう、幕府が場所や時間を規制するほどであった[4]

明治政府は男女が夜通し騒ぐ、女装男装するなどの行事は近代国家に相応しくないとして、1874年に盆踊り禁止令が出されたことで一時衰退したが[4][5]、復活が叫ばれるようになり[6]大正末期から農村娯楽として奨励されはじめ、再び盛んになっていった[3]。もともと盆踊りがなかった土地でも新作して踊るところもあり[3]、町内会の祭り行事としてだけでなく、阿波踊りエイサーなど、一地方の盆踊りから全国に広まったものもある[2]

夏休みの間の大きなイベントの一つである。かつては夜通しで行われることも多かったが、近年は治安維持のため深夜まで行われることは少なくなっている。

国内外各地に盆踊りの会や教室がある。

2020年2月19日文化審議会国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産への登録を目指す国内候補に「風流踊(ふりゅうおどり)」を選んだ。盆踊りや念仏踊りなどとして伝承された23都府県の37件をまとめて一つの遺産とみなし、3月末までに政府がユネスコに申請書を提出。2022年11月ごろのユネスコ政府間委員会で登録可否が審査される見通し[7]

起源編集

盆踊りはもともとは仏教盂蘭盆会であるとする説[1]歌垣の遺風とする説、原始信仰の儀式だったとする説など諸説あるが、文献に最初に登場するのは室町時代と言われる[3]平安時代空也上人によって始められた踊念仏が、民間習俗と習合して念仏踊りとなり[8]盂蘭盆会の行事と結びつき、精霊を迎える、死者を供養するための行事として定着していった。死者の供養の意味合いを持っていた初期の盆踊りは、新盆を迎える家に人々が赴き、家の前で輪を作って踊り、家人は踊り手を御馳走でもてなした[8]。盆には死者が家に帰って来るという考え方から、頬被りをして人相を隠し、死者の生き返った姿に扮した人がその物語を演じたという[8]

セクシュアリティ研究の立場からの様々な見解編集

踊り念仏は、鎌倉時代には一遍上人が全国に広めたが、一遍や同行の尼僧らは念仏で救済される喜びに衣服もはだけ激しく踊り狂い、法悦境へと庶民を巻き込んで大ブームを引き起こした[9]。それ以降は、宗教性よりも芸能に重点が置かれる念仏踊りが生み出され、人々はさらに華やかな衣装や、振り付け、道具、音楽などを競うようになった[9]室町時代の初めには、太鼓などをたたいて踊るようになったといわれている。現在も、初盆の供養を目的の盆踊りも地域によっては催されている。太鼓と「口説き」と呼ばれる唄に合わせて踊る。口説きは、地区の伝統でもある。初盆の家を各戸を回って踊る所もある。昔は旧暦の7月15日に行われていた。ゆえに、盆踊りはいつも満月であった。

鎌倉時代以降、経済力や自治力を得た民衆により新奇な趣向が次々に考案され、江戸時代初頭には絶頂を極めることになる。江戸では7月に始まり連日踊り明かしながら10月にまで続いた。次第に盆踊りは性の解放のエネルギーと結びついていく。日本では性は神聖なものとされ、神社の祭礼を始めとし、念仏講御詠歌講など世俗的宗教行事の中心に非日常的な聖なる性があるべきと考えられるようになり、盆踊りは性の開放エネルギーを原動力に性的色彩を帯びるようになる。明治時代にはしばしば風紀を乱すとして警察の取締りの対象となって一時は激減していた。盆踊りは未婚の男女の出会いの場にとどまらず、既婚者らの一時的な肉体関係をもつきっかけの場をも提供していた。ざこ寝という、男女が一堂に泊まり込み乱交を行う風習も起こり、盆踊りとも結びつき広まり、ざこ寝堂はほとんど全国の農村には存在した。これは昭和時代に至っても続いていた[9]

出雲阿国による一風変わった男装の念仏踊り歌舞伎踊りと言われた(歌舞伎のかぶくとは、「常識外れ」や「異様な風体」と言う意味)[要出典]。以後、歌舞伎など様々な芸能へと派生していったが、歌舞伎も売春を伴い幕府より厳しく取り締まりを受けていたことから鑑み、盆踊りに限定されず芸能全般に性が結びついた江戸文化風俗の一端と言える[10]

代表的な楽曲(50音順)編集

民謡系(50音順)編集

歌謡曲・J-POP・ディスコソング系(50音順)編集

アニメソング(年代順)編集

特撮テレビドラマ編集

衣装編集

伝統的には、やぐらの上の太鼓方、音頭取りならびに踊り子は浴衣を着用することが多いが、一般参加者はカジュアルな平服でも良い。踊り手が同じグループである場合、揃いの浴衣を着ることが多い。また、団扇を背中のに差し込んでおくこともある。男性は、鉢巻をし、腰に印籠をぶら下げて踊ることもある。

地方によっては、狐などの仮面をつけて踊る場合や、舞台化粧並の厚化粧をして華やかな衣装で踊る場合がある。

その他編集

  • 俳句では「踊」だけで「盆踊り」を指し秋の季語である。夏に行われるにもかかわらず秋の季語であるのは、立秋を過ぎてから行われるためである。
  • 最近では、2010年から名古屋で開催されている「スリラー盆踊り」が東京に伝わって催されるなど、新しいスタイルの盆踊りも注目されている。
  • 愛知県東海市大田町には参加者にイヤホンの付いた携帯ラジオを貸し出して行われる無音盆踊りがある。参加者はイヤホンで音楽を聴いて踊るため、周囲からは無音で踊っているように見える。

文化財編集

国指定の重要無形民俗文化財ならびに国の選択無形民俗文化財(記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財)に選択された盆踊りを列挙する。

国指定編集

国選択編集

海外編集

中南米編集

南米ブラジルには、マツリ・ダンスというブラジル風に進化した盆踊りがある[23]。日系3世のグループ「グループ・サンセイ」が始めたもので、J-popなどの曲に合わせて、全員で同じ振り付けを盆踊りのように繰り返して踊る[24]。日本の盆踊りのように輪になって踊ることもあれば、観客がその場で一斉に踊る場合もある。1988年にロンドリーナ市の日系人のカラオケ教師が考案したものだが、2000年代に入ってから日本関連のイベントで踊られるようになり、ブラジル各地の日系コミュニティやアニメイベントなどを通じて広まった[24]

アルゼンチンでも1960年代、日系人が行っていた盆踊りが各地に残っており中でもラプラタで行われるものは最大級の規模になっている。

北米編集

北米アメリカ合衆国ハワイ州カリフォルニア州ニューヨーク州カナダブリティッシュ・コロンビア州など日系人が多い地域で、夏にBon Dance(盆踊り)が行われる。

 
ハワイでは極くひなびた所でも毎年盆踊りが開かれる(ハワイ島キエイ Ke'ei [25]熊本県八代郡出身者墓地モンキーポッドの下で)

特にハワイ州で盛んで、主要5島(東からカウアイ島オアフ島モロカイ島マウイ島ハワイ島)でまんべんなく6月から8月の金曜日を含めた週末の夕方行われて、新聞・雑誌などでも毎年スケジュールが発表される。[26][27] 仏教ミッション(小規模のお寺)で行われる場合が多く、過去一年以内に亡くなった人々の家族の焼香などの仏事が先立つこともあるが、ほとんどは宗教色がない。神社(「夏祭り」)やショッピングセンターで行われることもある。踊りは1時間から2時間の間に20曲くらいが録音で演奏され、同じ曲が繰り返されることは少ない。地域差はあるが、ハワイ島西部では通常「炭坑節」で始まり、途中「河内おとこ節」ではバチが配られてそれを持って踊り、会の初めに寄付金を納めるときに配られる手ぬぐいを持って踊る「ゆかた音頭」もあり、アメリカ発の「Beautiful Sunday」などの歌が使われたり、ハワイ州では広島県山口県熊本県沖縄県からの移住者が他県よりずば抜けて多いので [28] 歌に特徴がある沖縄の歌「安里屋ユンタ」や「遊び庭」(あしびなー)などで踊ったり、最近では子供向けの「ポケモン音頭」や若者向けにズンバを踊ったり、最後は「福島音頭[29] で終わることが多い。また、太鼓隊がヤグラを囲んで景気を付けるのが通例であり、ハワイは人種間結婚が進んでいるので、見るからの日系人もハオレ(白人)も、ハワイ人も器用に踊るのが見られる。特に盛んな地域では事前に練習会も行われている[30]

東南アジア編集

シンガポールでは、毎年8月中旬の土曜日15時~21時に日本人学校小学部チャンギ校で、小学部クレメンティ校も含めた「夏祭り」の一環として盆踊りが行われる[31]。祭り全体は、ダンスクラブの子どもたちの各種ダンスや、同好会の大人たちのフラ、マレーダンスなどの後、メインイベントとして盆踊りが同踊同好会の人々がやぐらの上で、ローカルの人々がその周りで、様々な民謡・歌に合わせて皆さん一体となって踊り、盛り上がる。

中国では、香港で見世物としての盆踊りが行われてきた[32]。近年、中国大陸上海など大都市のショッピングセンターで、始めは日本留学・旅行帰りの人々を中心に、最近はそうでない人々も参加して盆踊りを含む「夏祭り」行事が行われてきたが[33]、極く最近はそうした活動が「文化的侵略」としてSNSで批判を浴びて中止が報告されている[34]台湾では盆踊りは行われていない。韓国でも、盆踊りはない。

フィリピンでは、観光客も多いセブ島でセブ日本人会がセブ市の協力も得て、Bon Odoriイベントを2014年から開催してきた。コスプレ・コンテストやカラオケ大会、簡易レストランも出る総合的なまつりとなっている。[35][36]

マレーシアでは、日本文化の紹介や草の根交流を目的として、1977年より日本人学校や在マレーシア日本大使館が盆踊り大会を首都クアラルンプールなどで開催しており、在留日本人やイスラム教徒のマレー人華人を含めた3万5000人以上が参加する夏の風物詩となっている[37]。2022年6月8日にはイドリス・アフマド英語版首相府相(宗教担当)が盆踊りは仏教に影響されているとして、同年7月16日に開催が予定されたイベントにイスラム教徒が参加しないよう忠告すると表明したことが波紋を広げた[37][38]

脚注編集

  1. ^ a b 日本大百科全書(ニッポニカ). “盆踊りとは” (日本語). コトバンク. 2022年8月15日閲覧。
  2. ^ a b 盆踊りの場にあふれる若者の性の力 京都市立芸術大学吉川周平、シンポジウム 「ダンスシーンから見た若者文化2」講演、2004
  3. ^ a b c d 盆踊り大百科事典. 第24巻 第1冊、平凡社、1939年
  4. ^ a b 「すこぶるわいせつ」禁止令も出た盆踊り、それでも各地で受け継がれ…無形文化遺産になるかも” (日本語). 読売新聞オンライン (2022年8月19日). 2022年8月22日閲覧。
  5. ^ 寺田寅彦田園雑感青空文庫
  6. ^ 盆踊復活論『高松新繁昌史』長尾折三 (藻城) 著 (宮脇開益堂, 1902)
  7. ^ 「風流踊」ユネスコ申請へ 無形遺産、文化審選定”. 日本経済新聞. 2020年2月20日閲覧。
  8. ^ a b c 仏教民俗としての念仏踊り 坂本要、筑波学院大学紀要第3集、2008年
  9. ^ a b c 「盆踊り」は乱交セックス 性を解放、神聖な伝統行事(明治大学文学部准教授 平山満紀、産経新聞2012年8月14日 )
  10. ^ 安藤優一郎 (2018). 江戸を賑わした色街文化と遊女の歴史. Kanzen. ISBN 9784862554949. OCLC 1078645397. http://worldcat.org/oclc/1078645397 [要ページ番号]
  11. ^ 同じタイトルの楽曲が複数存在する。1960年には作詞:たなかゆきを、作曲:佐伯としを、歌:春日八郎、下谷一二子の曲がキングレコードから発売され(品番:C-1780・EB-352)、1978年には作詞:夢虹二、作曲:飯田三郎、歌:青木清の曲が同じくキングレコードから発売(品番:GK-6008)。1982年には作詞:足立貞敏、作曲:横山太郎、歌:ビクター少年民謡会の曲がビクターから発売されている(品番:MV-3049)。
  12. ^ もとはアンジー・ゴールドの楽曲であり、ディスコソングとして使用されていた。
  13. ^ 怪獣王子で使用された楽曲とは同名の異曲。
  14. ^ 大の阪 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  15. ^ 新島の大踊 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  16. ^ 和合の念仏踊 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  17. ^ 綾渡の夜念仏と盆踊 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  18. ^ 大宮踊 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  19. ^ 与島・櫃石の盆踊 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  20. ^ 野母の盆踊 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  21. ^ 対馬厳原の盆踊 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  22. ^ 対馬美津島の盆踊 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  23. ^ Matsuri dance Kalango Alado Videos, 2011/08/2
  24. ^ a b The Japantown in Brazil Chapter 10 (extras: part 2) Londrina ? The Nikkei Cultural Movement & The Matsuri Dance Discover Nikkei, 10 Jan 2008
  25. ^ Keei Beach: Kona's Best-Kept Secret
  26. ^ Hawai'i Summer 2016 Bon Dance Schedule
  27. ^ 2016 Obon season calendar in Hawaii
  28. ^ ハワイ日系人の出身県別人口(1929)
  29. ^ "Fukushima Ondo in Hawaii" (YouTube)
  30. ^ 海を渡った盆踊り―――ハワイ:分布と特徴、盆踊りの母体と参加者、開催日程、ハワイ盆踊りの歴史など
  31. ^ シンガポールで今年も「夏まつり」 和太鼓、ダンス、盆踊りも(シンガポール経済新聞)
  32. ^ 香港で今年も「日本秋祭」 目玉はPMQでの盆踊りや草間彌生さん特別展(香港経済新聞)
  33. ^ 中国での日本風「夏祭り」が驚くほど本格的で、大人気となっている理由(Diamond Online、2020年)
  34. ^ 中国全土で「日本風夏祭り」中止相次ぐ 「文化的侵略」の批判(東方新報、2022年)
  35. ^ セブ島盆踊り大会とは?(セブ日本人会)
  36. ^ 写真集:セブ島で盆踊り(セブ島留学センター)
  37. ^ a b “盆踊り不参加を呼びかけ マレーシア閣僚、信仰理由”. 産経新聞. (2022年6月7日). https://www.sankei.com/article/20220607-ZIALIZOCKJMBDFZKQIBQGJQMAM/ 2022年7月4日閲覧。 
  38. ^ “マレーシアで盆踊り論争”. 共同通信社. (2022年7月3日). https://nordot.app/916223740189409280?c=39550187727945729 2022年7月4日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集