メインメニューを開く
中野直枝

中野 直枝(なかの なおえ、1868年3月9日慶応4年2月16日) - 1960年7月6日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将

目次

経歴編集

高知県出身。中野重儀の長男として生まれる。海南学校、暁星中学を経て、1889年4月、海軍兵学校15期)を卒業し、1890年7月に海軍少尉任官。海軍大学校将校科(3期)で学び、「松島」航海長、海兵教官、常備艦隊参謀などを経て、1901年5月、海大将校科甲種(2期)を卒業した。

軍令部第2局員、「鹿島」回航委員(イギリス出張)、「鹿島」航海長、「香取」副長、「鳥海」・水雷母艦「韓崎」・「秋津洲」・「八雲」の各艦長、「鞍馬艤装員長、海軍省軍務局員、艦政本部艤装員、「金剛」艦長兼艤装員(イギリス出張)などを歴任し、1912年12月、海軍少将に進級。

呉鎮守府参謀長、艦政本部第1部長、海軍省艦政部長、艦政局長などを経て、1917年12月に海軍中将となった。練習艦隊司令官将官会議議員、呉工廠長、旅順要港部司令官、第2戦隊司令官、第3艦隊司令長官、第2艦隊司令長官、将官会議議員などを経て、1923年12月に待命となり、翌年2月、予備役に編入された。

1910年に発生した第六潜水艇の事故で、殉職した艇長佐久間大尉の遺書中、末尾の「中野大佐、十二時四十分ナリ」とあるのは当時「韓崎」艦長であった中野直枝のことである。1924年から1943年まで、帝国在郷軍人会副会長を勤めた。

栄典編集

親族編集

脚注編集

  1. ^ 『官報』第2539号「叙任及辞令」明治24年12月15日
  2. ^ 『官報』第3453号「叙任及辞令」1895年1月4日。
  3. ^ 『官報』第3483号「叙任及辞令」1924年4月7日。
  4. ^ 『官報』第1190号「叙任及辞令」1916年7月19日。

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。