メインメニューを開く

中野雅晴

中野雅晴(なかの まさはる、1949年3月9日 - 1973年11月23日)は、東京都出身の日本のレーシングドライバーである。

概略編集

1967年5月に船橋サーキットスバル360でレースデビュー、その後トヨタ・モータースポーツクラブ(TMSC)に入会する。トヨタのツーリングカーで活躍し、1971年にTMSCを離れ、プライベート・ドライバーとしてFL500で活躍。

1973年に田中弘率いるヒーローズレーシング富士GCFJ1300のドライバーに抜擢され、3月18日の富士300キロスピードレースで2位に入るが、しかし11月23日の富士マスターズ250キロの決勝でスタート直後、30度バンクで事故が起き、中野は事故に巻き込まれてガードレールに激突、燃料満載だった中野のマシンは爆発・炎上し焼死した。享年24。

親戚編集

父親([[北澤國男](東洋バルヴ創業者)。 兄北澤利男(北沢バルブ創業者)。 姉野村三穂子(野村ユニソン役員、創業者婦人)。 兄岡野或男(東洋バルヴ社長、ホテル紅や社長、SUWAガラスの里社長)。義兄森岡政治(富山県副県知事、北國銀行頭取、弁護士)。 甥北澤豪(キッツメドウズ大泉・清里スキー場社長、キッツゴルフ倶楽部・君津コース社長)。 義甥清水雄介(キッツ会長)。

外部リンク編集