久保猛夫

教育者、政治家

久保 猛夫(くぼ たけお、1900年明治33年)2月1日[1] - 1993年平成5年)10月28日[1])は、昭和期の教育者政治家衆議院議員

経歴編集

長崎県出身[1][2]。1919年(大正8年)長崎県師範学校を卒業した[1][2]

長崎市勝山小学校訓導、北大浦小学校長、長崎県視学、長崎市渕国民学校長、地方事務官などを歴任した[2]。その他、長崎県教育会員・評議員・幹事、長崎市教育会員・評議員・幹事、大日本教育会長崎県支部参与などを務めた[2]。1945年(昭和20年)8月、長崎市への原子爆弾投下により被爆した[1]

1946年(昭和21年)4月の第22回衆議院議員総選挙で長崎県全県区に無所属で出馬して初当選[3]。1947年(昭和22年)犬養健らと民主党の結党に参画[1]。同年4月の第23回総選挙長崎県第1区に民主党公認で出馬して再選され[4]、衆議院議員に連続2期在任した[1][2]。この間、民主党政調会文教委員長などを務め、教育基本法の制定に尽力した[1][2]。その後、第24回総選挙に立候補したが次点で落選した[5]

著作編集

  • 『この事実をみよ : 核の冬を生きのこるために』田中書店、1987年。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』219頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』222頁。
  3. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 第22回』1607頁。
  4. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 第23回』559頁。
  5. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』365頁。

参考文献編集

  • 衆議院事務局編『衆議院議員総選挙一覧 第22回』衆議院事務局、1950年。
  • 衆議院事務局編『衆議院議員総選挙一覧 第23回』衆議院事務局、1948年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。