犬養 健(いぬかい たける、1896年明治29年)7月28日 - 1960年昭和35年)8月28日)は、日本政治家小説家正三位勲一等首相在任中に暗殺された犬養毅の三男にあたる。法務大臣第2代第3代)。

犬養 健
いぬかい たける
Takeru inukai.jpg
衆議院議員初当選当時の犬養健
生年月日 1896年7月28日
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市牛込区(現東京都新宿区
没年月日 (1960-08-28) 1960年8月28日(64歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京都
出身校 東京帝国大学文科大学哲学科中退
所属政党 立憲政友会→)
(中立派→)
日本進歩党→)
民主党→)
自由民主党
親族 犬養毅(父)
芳澤謙吉(義兄)

日本の旗 第2-3代 法務大臣
内閣 第4次吉田内閣
第5次吉田内閣
在任期間 1952年10月30日 - 1954年4月22日

選挙区 岡山県第2区
当選回数 5回
在任期間 1949年1月24日 - 1960年8月28日

日本の旗 衆議院議員
選挙区 (東京都第2区→)
岡山県第2区
当選回数 7回
在任期間 1930年2月21日 - 1947年
テンプレートを表示

目次

来歴・人物編集

学習院初等科中等科高等科を経て、東京帝国大学哲学科中退後、白樺派の作家として活動した後に政界入りした。1941年にはゾルゲ事件への関与容疑で拘引、警察当局の取り調べを受け起訴されるが無罪となる。

1952年吉田茂首相の引き立てにより法務大臣に就任するが、造船疑獄における自由党幹事長佐藤栄作収賄容疑での逮捕許諾請求を含めた強制捜査に対し、重要法案審議中を理由に指揮権を発動して、逮捕の無期限延期と任意捜査に切り替えさせた。指揮権発動の翌日に法務大臣を辞任したが、この指揮権発動のために犬養は事実上政治生命を絶たれた(佐藤は政治資金規正法在宅起訴されたが、国連恩赦免訴となった)。

作家としていくつかの佳品もあるが、造船疑獄における指揮権発動のために日本ペンクラブ加入を断られている。現在ではその文名を知る人は多くないが、義父の弟にあたる長与善郎武者小路実篤の影響を受けて小説を書き、1923年に処女作品集『一つの時代』を刊行している。精緻な心理描写と繊細な感じかたが評価され、のちに政治に転身してからも文士時代の知友との交際があった。俳優の上山草人が学生時代犬養家に寄宿していたことから知己であり、草人と妻の山川浦路、浦路の妹の上山珊瑚をモデルとした私小説『女優』も発表している[1]

略歴編集

日中和平工作編集

父である毅が朝期の中国革命活動を支援し、孫文らと交流があったため健も幼い頃から中国の政治家らと深いかかわりを持っていた。五・一五事件で父が暗殺された後は、その遺志を継ぐべく、影佐禎昭今井武夫らとともに、泥沼化する日中戦争期間中、和平工作に全力を注いだ。特に汪兆銘(汪精衛)を擁して、日本占領下の南京に汪兆銘国民政府を設立させる活動に傾注した。このときの出来事を著書『揚子江は今も流れている』(中公文庫)に残している。

家族・親族編集

仲子夫人との間に1男1女をもうけた。長女・道子評論家、長男・康彦共同通信社の社長を務めた。康彦の後妻は大原総一郎の娘。また、健が芸妓の荻野昌子に生ませた非嫡出子が安藤和津(のち認知)で、俳優の奥田瑛二は健の娘婿にあたる。

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「上山草人年譜稿4 : 谷崎潤一郎との交友を中心に」細江光
  2. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』26頁。

外部リンク編集