久城育夫

日本の岩石学者

久城 育夫(くしろ いくお、1934年3月30日 - )は日本地球科学者。東京大学名誉教授。専門は岩石学理学博士日本学士院会員。

久城 育夫
生誕 (1934-03-30) 1934年3月30日(86歳)
日本の旗 日本 大阪府[1]
研究分野 岩石学
研究機関 東京大学
出身校 東京大学
主な受賞歴 日本学士院賞 (1982年)
ウォラストン・メダル(2003年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

略歴編集

1952年 - 東京教育大学附属中学校・高等学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)卒業。(特別科学学級在籍)

1957年 - 東京大学理学部地質学科卒業。

1962年 - 東京大学大学院数物系研究科地質学専攻博士課程修了。東京大学 理学博士。論文は「Petrology of Atumi dolerite(温海粗粒玄武岩の岩石学的研究)」。

東京大学理学部教授、理学部長、副学長、岡山大学地球内部研究センター長、海洋科学技術センター(当時、現海洋研究開発機構)固体地球統合フロンティア研究システム長などを歴任。

1982年 - 「造岩物質の実験岩石学的研究(特にこれによるマグマ論への寄与)」で日本学士院賞受賞。

1993年から日本学士院会員。

南極大陸で採集された隕石中に発見されたCaAlAlSiO6組成の新鉱物は、久城の業績を称えて「久城石」(Kushiroite)と命名された。

受賞歴等編集

著書編集

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.405

関連項目編集

外部リンク編集