九月姫とウグイス』(くがつひめとウグイス、Princess September and the Nightingale)は、ウィリアム・サマセット・モーム児童文学作品。1922年発表。

モームの生涯における唯一の児童文学作品であり、1930年初版の東南アジア旅行記『パーラーの紳士』(The Gentleman In The Parlour: A Record of a Journey From Rangoon to Haiphong)に収録された。日本では、1954年岩波書店から光吉夏弥/訳・武井武雄/画の絵本として刊行されている。

あらすじ編集

シャム(現在のタイ王国)の国王夫妻には長い間、子供が生まれなかったがようやく2人の王女が生まれ、それぞれ「」と「」と名付けられた。しかし、さらに2人の王女が生まれたので上の2人は「」「」に名前を改め、新しく生まれた王女には「」「」と名付けた。しかし、さらに3人の王女が生まれたので上から「月曜」「火曜」「水曜」「木曜」「金曜」「土曜」「日曜」に名前を改めた。しかし、さらに2人の王女が生まれたので「一月」「二月」「三月」「四月」「五月」「六月」「七月」「八月」「九月」と名付けた。その後も王女が生まれたらどうしようと国王夫妻は思い詰めるが、次に生まれたのは王子ばかり10人でそれぞれ「A」~「J」と名付けられた。

末の王女・九月姫は優しく素直な性格に育ったが、姉たちはたびたび名前を変えられたことが原因ですっかり性格がひねくれてしまった。そんなある日、九月姫のもとに美しい声で歌う一羽の鳥が舞い込んで来る。

書誌情報編集

備考編集