水曜日

曜日の1つ

水曜日(すいようび)は、火曜日木曜日の間にあるの一日。 週の始まりを日曜日と考えると4日目、週の始まりを月曜日と考えると3日目となる。

目次

各言語での名称編集

ベトナム語では第4を意味する「thứ tư」が水曜日の意味にも使われ、またドイツ語でも「真ん中の日」(Mittwoch)と呼ばれるのに対し、中国語では「星期三」もしくは「禮拜三」という。

日本語朝鮮語の名称は、七曜の1つである水星の日にちなむ。ロマンス諸語ではメルクリウスの日であるが、英語: Wednesdayのようにゲルマン諸語ではオーディンの日である。これは古代ローマで、ゲルマン神話の魔術神オーディンを自分たちのメルクリウスのような神と見なしたからである。

キリスト教における水曜日編集

灰の水曜日はキリスト教徒の懺悔の日である。正教会を始めとする東方教会では、イスカリオテのユダキリストを裏切った日であると伝承する。このため特定の時期を除きの日とする。

日本における水曜日編集

学校編集

学校では、教職員が会議や研究会を行うところが多いので、生徒の下校時間が早まる。

企業編集

定時退社日編集

多くの企業では定時の帰宅を促す「定時退社日」または「ノー残業デー」に指定されている[1]

休業とする業種編集

水曜日は週の中間に当たり、日本の不動産業者やUR都市機構の営業所、住宅メーカーなど、多くの地域では定休日にすることがある。これは週の中間なのでちょうどよい水曜日を定休日としている説と、週末を現地案内や契約、週明けは契約書類の作成にあてるため、水曜日を定休日としている説と、俗説として契約が「水」に流れるのを嫌うからという説もある[2][3]。ただし不動産業者によっては地域によって異なり、水曜日と日曜日を休業としている地域もある。また、長野県では火曜日を定休日にしており、北日本地域などでは日曜日を定休日としている。これは不動産業者が物件を紹介する際に他の会社が休んでいると仕事にならないため、定休日を一律としている[4]

同様の傾向は自動車ディーラーなどにおいても見られるが、定休日は運営会社の方針で定めているため、床屋のように組合や業界で定めていたりかつての大型小売店のように法令で定めているわけではないので必ずしもこれらの業種全てが水曜定休というわけではない。ディーラーによっては月曜ないしは火曜日が休業とするところがある。

市場では水曜日を休業している。それに関連して水曜日を定休日としているサービス業もあり、鮮魚店と青果店[2]、チェーン店を除く飲食店などでこの傾向がみられる[3]

大手スーパーではジャスコダイエーは水曜日を定休日としていた(その他のスーパーは火曜日がほとんどであった)。

開業医が運営する医療機関医院診療所)でも半日ないしは全日休診とするところがある。休診日の設定は医療機関の権限で自由に定めることができるため(行政が関与できるものでもない[5])、必ずしも全ての医療機関が水曜日を休診にしているわけではないが(水曜、日曜以外では木曜が多い)[6]、これは医療界特有の事情であり、土曜に診察する医療機関が多くその振り替えもあることと、医療機関が所属している学会や勉強会が水曜日に開催されるところがあるためとされている[6]

発売日編集

週刊誌編集

漫画週刊誌では週刊少年マガジン週刊少年サンデーの発売日である。その他の週刊誌では特定ジャンルの週刊誌が発売される曜日でもあり、TV雑誌であるザ・テレビジョン週刊TVガイドステラとスポーツ週刊誌である週刊プロレス週刊ベースボールの発売日である。

音楽ソフト編集

CDの発売日に指定するにちょうどよい曜日でもある。これは、CDを月曜日に工場から出荷させて火曜日に店頭に並ばせれば、オリコンの集計上6日分の売上が計上され、上位に行くことができるためである。かつては直前の月曜日や火曜日に祝日があるときは、各社とも直後の木曜日に発売日を設定していたが、最近はこのパターンでも水曜日に発売日を設定するレコード会社が増えてきた。また、2015年より洋楽のCDアルバムに限り、金曜日にも発売される事が多い[7]

水曜日に関する作品編集

脚注編集