メインメニューを開く

九重バス事故(ここのえバスじこ)は、1985年3月9日に発生したバス事故である。

九重バス事故
日付 1985年(昭和60年)3月9日
時間 17時40分(JST)
場所 大分県道40号飯田高原中村線大分県玖珠郡九重町
死者・負傷者
死者3人
負傷者31人
テンプレートを表示

概要編集

1985年(昭和60年)3月9日17時40分頃[1]大分県玖珠郡九重町大分県道40号飯田高原中村線上において、長崎県交通局の貸切バスが大型クレーンと衝突した。

現場は八丁原発電所から500メートル、道幅7メートルのヘアピンカーブであり、下り坂を走行していたクレーン車のアームが対向してきたバスの右側面に突き刺さった形となった[2]。貸切バスには、「うたせ湯の筋湯温泉と田楽の里を訪ねて」と題したバスツアーの参加客34人とガイド、添乗員、運転手の37人が乗っており[3]、3名の死者と31名の負傷者を出した[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『読売新聞』と「県営バスの歴史」による。朝日新聞によれば17時45分頃。
  2. ^ 「バスにアームぐさり 大分 ツアー客ら35人が死傷」『読売新聞』1985年3月10日付け朝刊、23面。
  3. ^ 「クレーン車、バスを直撃 観光客34人死傷 大分」『朝日新聞』1985年3月10日付け朝刊、23面。
  4. ^ 県営バスの歴史 昭和60年代(長崎県交通局開業70周年記念サイトより)

関連項目編集