メインメニューを開く

バス事故(ばすじこ)とは、バスに関する事故交通事故である。

事故の原因編集

事故の原因は事故ごとに異なるが、これまでの事故からは以下のような原因が挙げられる。

自然災害
土砂崩れ、岩盤崩落など。
運転ミス
青木湖バス転落事故など。
他の車両との衝突
JR貸切バス事故など。
車両の整備不良
運転手の健康管理[1]
疾病や過労[1]
シートベルトの不着用
2008年道路交通法改正で観光バスの客席でもシートベルト着用は義務化された[2]。しかし、違反点数の加点は高速道路走行中に限られる[2]。交通事故解析士認定協会会長は2016年軽井沢スキーバス転落事故を受けて「飛行機並みに着用を徹底すべきだ」とコメントした[2]
ガードレール
一般道のガードレールについて名古屋大学環境学研究科の加藤博和准教授(公共交通政策)は、「巨大で重いバスがぶつかれば、一般道のガードレールではとても食い止められない」と述べている[2]
テロリズムバスジャック
運転手による自殺行為

対策編集

構造的問題
国土交通省は、構造的問題への対策として、バス運転手の確保と育成、運賃料金の見直し、過労防止基準、衝突被害軽減ブレーキの導入などを上げている[1]
平成25年版交通安全白書の「高速・貸切バスの安全・安心回復プラン」では、委託者受託者一体の安全管理体制、法令遵守、安全チェック向上、集中的な監査、厳格な処分、安全優先経営の徹底、ビジネス環境の適正化[3]。このほか運送会社に運転者の適正診断[4]。運送業者への指導監督、運行管理の高度化に資する機器の導入、運輸安全マネジメント制度の充実などが挙げられた[5]
従業員の健康対策
運転手の過労対策としては健康診断、疲労や体調に応じたきめ細やかな労務管理など[1]

日本におけるバス事故編集

日本国内で発生した主なバス事故について記述する。

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集