九鬼 隆郷(くき たかさと)は、江戸時代中期から後期にかけての大名丹波国綾部藩7代藩主。官位従五位下式部少輔

 
九鬼隆郷
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 安永9年10月3日1780年10月30日
死没 文化5年5月30日1808年6月23日
戒名 雲外隆松高峯院
官位 従五位下式部少輔
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
丹波綾部藩
氏族 九鬼氏
父母 九鬼隆貞九鬼隆棋
兄弟 隆郷九鬼隆棋正室、斉藤三英正室、蕗ら
伊達村賢娘登
隆度隆都土方雄興正室、下間仲潔
テンプレートを表示

略歴編集

5代藩主・九鬼隆貞の三男(五男との説もある)として誕生。

誕生後まもなく実父・隆貞が死去した。このため、姉婿の隆棋が跡を継ぎ、隆郷はその養嗣子となった。天明7年(1787年)、隆棋の死去により家督を継ぐ。しかしその治世は京都江戸における藩邸、城下町300軒が火事で焼失するなど多難を極めた。文化5年(1808年)5月30日、29歳で死去し、跡を長男の隆度が継いだ。

系譜編集