九鬼 隆棋(くき たかよし)は、江戸時代中期の大名丹波国綾部藩6代藩主。官位従五位下大隅守

 
九鬼隆棋
時代 江戸時代中期
生誕 明和2年(1765年
死没 天明7年1月30日1787年3月19日
戒名 花岳了芳青雲
官位 従五位下大隅守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治
丹波綾部藩
氏族 田沼氏九鬼氏
父母 田沼意次九鬼隆貞
兄弟 田沼意知、勇次郎、勝助、田沼意正
松三郎、土方雄貞隆棋、千賀、宝池院
九鬼隆貞
隆郷
テンプレートを表示

略歴編集

老中として権勢をふるった遠江国相良藩主・田沼意次の七男として誕生。

安永8年(1779年)、先代藩主・隆貞の養子だった隆晁が早世したため、同年隆貞の婿養子となる。天明元年(1781年)3月12日、養父隆貞の死去により、丹波綾部藩1万9500石[1]の家督を継いだ。同年3月15日、10代将軍徳川家治に拝謁する。天明2年12月18日(1783年)、従五位下・大隅守に叙任する。

天明7年(1787年)1月30日に23歳で死去し、跡を隆貞の実子で養子の隆郷が継いだ。法号は花岳了芳青雲。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 山田忠雄「田沼意次の政権独占をめぐって」1972年4月(『史学44(3)』慶應義塾大学)