九鬼 隆貞(くき たかさだ)は、江戸時代中期の大名丹波国綾部藩5代藩主。官位従五位下式部少輔

 
九鬼隆貞
時代 江戸時代中期
生誕 享保14年(1729年
死没 安永9年12月12日1781年1月6日
戒名 雲外隆松高峯院
官位 従五位下式部少輔
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治
丹波綾部藩
氏族 九鬼氏
父母 九鬼隆寛
兄弟 隆恭隆由隆邑隆貞隆許
永井直行正室、諏訪頼寿室、花房職雍継室
間部詮方長女仲織田信右小笠原長庸
隆郷九鬼隆棋正室、斉藤三英正室、蕗ら
隆晁隆棋
テンプレートを表示

略歴編集

4代藩主・九鬼隆寛の四男として誕生

長兄で嫡子だった隆恭が廃嫡されたため、宝暦2年(1752年)に世子となる。明和3年(1766年)、父の隠居により跡を継ぐ。安永9年(1780年)12月12日に死去した。享年52。

死去の際、隆貞には実子として三男隆郷がいたが、この実子は父が死んだ年に生まれたばかりだったため、跡を田沼意次の七男で婿養子の隆棋が継いだ。法号は雲外隆松高峯院。

系譜編集