メインメニューを開く

亀井 利克(かめい としかつ、1952年2月13日 - )は、日本政治家三重県名張市長(5期)。元三重県議会議員(3期)。

亀井 利克
かめい としかつ
生年月日 (1952-02-13) 1952年2月13日(67歳)
出生地 三重県名張市
出身校 中京大学
所属政党 無所属
公式サイト 名張市長 亀井利克

当選回数 5回
在任期間 2002年4月25日 - 現職

選挙区 名張市選挙区
当選回数 3回
在任期間 1991年4月30日 - 2002年2月
テンプレートを表示

来歴編集

三重県名張市出身[1]。1964年3月、名張市立美旗小学校卒業[1]。1967年3月、名張市立名張中学校卒業[1]。1970年3月、三重県立名張高等学校卒業[1]。1974年3月、中京大学体育学部卒[1][2]。同年4月、名張市役所に入庁。1990年10月、市役所を退職[3]

1991年4月の三重県議会議員選挙に初当選。以後、計3期務める。

2002年2月、県議を辞職。同年4月7日に行われた名張市長選挙に出馬。民主党自由党社民党の推薦を受けた現職の富永英輔ら2候補を破り初当選した[4]。4月25日、市長就任[5]

2006年、前回戦った元市長の富永英輔ら2候補を破り再選[6]。2010年、元国土交通官僚の辻安治を破り3選。2014年、前市議の浦崎陽介を破り4選。2018年、連合三重の推薦を受けた元県議の北川裕之、元市議の森脇和徳らを破り5選[7]

脚注編集

外部リンク編集