メインメニューを開く

二宮忠士

二宮 忠士(にのみや ただし、1945年6月5日 - )は、愛媛県出身の元プロ野球選手。ポジションは内野手

二宮 忠士
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県
生年月日 (1945-06-05) 1945年6月5日(73歳)
身長
体重
177 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1967年 ドラフト2位
初出場 1968年
最終出場 1970年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

八幡浜高校では、1963年春季四国地区高等学校野球大会に初優勝するものの、甲子園には届かなかった。卒業後は東芝へ入社。1966年都市対抗野球では中心打者として、チームの準々決勝進出に貢献する。

1967年ドラフト会議東映フライヤーズから2位指名を受け入団。100メートル11秒台の俊足、鉄砲肩、ノンプロ通算20本塁打という実績を認められてのプロ入りだった。1968年にはジュニアオールスターに選出され、翌年は16試合に出場するが、打撃面で伸び悩む。病気を患い4年目の1971年限りで引退した。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1968 東映 4 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .000 .000 .000 .000
1969 16 18 18 0 4 0 1 0 6 0 0 0 0 0 0 0 0 7 1 .222 .222 .333 .555
1970 5 10 9 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .111 .200 .111 .311
通算:3年 25 33 32 1 5 0 1 0 7 0 0 0 0 0 1 0 0 14 1 .156 .182 .219 .401

背番号編集

  • 8 (1968年)
  • 13 (1969年 - 1971年)

関連項目編集