メインメニューを開く

二条 宗煕(にじょう むねひろ)は、江戸時代中期の公卿関白二条吉忠の子。官位従二位右大臣二条家20代当主。号は常観喜院。

 
二条宗熙
Nijō Munehiro 01.jpg
二条宗熙像
時代 江戸時代中期
生誕 享保3年11月6日1718年12月27日
死没 元文3年6月18日1738年8月3日
別名 号:常観喜院
官位 従二位右大臣
主君 中御門天皇桜町天皇
氏族 二条家
父母 父:二条吉忠、母:家女房
兄弟 淳子、舎子、日護、宗熙、隆遍、祐常、喜子
養子:宗基
テンプレートを表示

経歴編集

享保3年(1718年)に二条吉忠の子として京にて誕生。8代将軍・徳川吉宗から偏諱を受ける。

享保14年(1729年12月4日、叙従三位。享保15年9月18日(1730年10月29日)左近衛大将となる。元文3年(1738年右大臣内大臣1737年 - 1738年)などを歴任。

元文3年(1738年)薨去。

系譜編集