メインメニューを開く

五十嵐 丈吉(いからし じょうきち、1902年(明治35年)1月26日[1] - 2013年(平成25年)7月23日)は、新潟県三条市在住だった長寿の男性である。存命中の日本の男性最高齢だった人物。

いからし じょうきち
五十嵐 丈吉
生誕 (1902-01-26) 1902年1月26日
日本の旗 日本新潟県
死没 (2013-07-23) 2013年7月23日(111歳没)
日本の旗 日本・新潟県
死因 肺炎
職業 農家
著名な実績 日本男性最長寿

経歴・人物編集

1902年(明治35年)1月26日、三条市で6人兄弟の長男として生まれた。

2013年(平成25年)6月12日、男性世界史上最高齢として認定されていた木村次郎右衛門が116歳54日で亡くなり、111歳137日の五十嵐が存命中の日本の男性最高齢と認定された。世界でもサルスティアーノ・サンチェスに次いで2番目の高齢の男性であった。135日年上だったジェームズ・マッコーブレーの死去後の18日間は(サルスティアーノ・サンチェスの年齢が正式に確認されていなかったため)、老人学研究団体ジェロントロジー・リサーチ・グループにより一時的に存命中の最高齢の男性と認定されていた[1]

男性日本最長寿になった時点で、子供4人、孫11人、曾孫22人、玄孫1人がいた[2]

男性日本最長寿になった41日後の2013年(平成25年)7月23日午前11時6分、肺炎のため死去[3]。111歳178日だった。これにより男性日本最高齢は110歳168日の百井盛となった。

脚注編集

  1. ^ a b Validated Living Supercentenarians”. Gerontology Research Group. 2013年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月18日閲覧。
  2. ^ “国内男性最高齢に五十嵐丈吉さん 111歳、食事に欠かさず酢 新潟”. 産経新聞. (2013年6月13日). オリジナルの2013年6月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130621133428/http://sankei.jp.msn.com/region/news/130613/ngt13061302110000-n1.htm 2013年6月21日閲覧。 (2013年6月21日時点のアーカイブ
  3. ^ 国内最高齢の男性死去=111歳の五十嵐丈吉さん-新潟 時事ドットコム 2013年7月23日[リンク切れ]

関連項目編集

記録
先代:
木村次郎右衛門
  存命男性のうち日本最高齢
2013年6月12日 - 2013年7月23日
次代:
百井盛