メインメニューを開く

五十嵐 義三(いがらし よしぞう、1933年(昭和8年) - 2000年(平成12年))は、日本弁護士官僚法学者北海道函館市出身。専門は教育法学中央大学通信教育課程出身の生え抜き法曹の一人。

略歴編集

函館の中学校卒業後、函館地方検察庁に入庁。北海道函館中部高等学校定時制中央大学法学部通信教育課程卒業。東京高等検察庁事務官に就任。間もなく司法試験に合格。1967年札幌で弁護士登録。1977年札幌弁護士会副会長。1983年札幌学院大学法学部客員教授( - 1989年)。1990年札幌弁護士会会長に就任。1991年北海道弁護士連合会理事長に就任。その後、日本弁護士連合会副会長にも就任。

エピソード編集

主要論文編集

  • 『教育裁判における教師の研修権--北海道・川上事件を中心に』(日本教育法学会年報 64 - 68号 1972年)

参考文献編集