北海道函館中部高等学校

日本の北海道函館市にある公立高校

北海道函館中部高等学校(ほっかいどうはこだてちゅうぶこうとうがっこう、: Hokkaido Hakodate Chubu High School)は、北海道函館市にある公立(道立)の高等学校

北海道函館中部高等学校
Hokkaido Hakodate Chubu High School.JPG
過去の名称 函館尋常中学校
函館中学校
北海道庁立函館中学校
北海道立函館高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 北海道の旗北海道
学区 北海道渡島(全日制のみ)
理念 白楊魂
校訓 不撓不屈
質実剛健
堅忍不抜
自由闊達
自主自立
設立年月日 1895年3月14日
開校記念日 5月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程定時制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 2学期制(全日制)
3学期制(定時制)
高校コード 01132A
所在地 040-0012
北海道函館市時任町11-3

北緯41度46分58.8秒 東経140度45分9.6秒 / 北緯41.783000度 東経140.752667度 / 41.783000; 140.752667座標: 北緯41度46分58.8秒 東経140度45分9.6秒 / 北緯41.783000度 東経140.752667度 / 41.783000; 140.752667
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
北海道函館中部高等学校の位置(北海道内)
北海道函館中部高等学校

概要編集

1895年創設の旧制函館尋常中学校、1899年設置旧制函館中学校を前身とする。道内で、公立の中では最初に開校した普通科高等学校である。(ちなみに私立を含めると同じく函館市内にある東北以北最古の女学校、遺愛女子はさらに早い時期の1874年に創設・設置されている)。

アクセス編集

沿革編集

  • 1895年4月1日 - 函館尋常中学校として創設される。
  • 1899年 - 中学校令の改正により函館中学校と改称する。
  • 1901年 - 北海道庁立函館中学校となる。
  • 1948年 - 新学制実施にともない北海道立函館高等学校として発足する。
  • 1950年 - 北海道函館中部高等学校として再発足、男女共学化する。
  • 1972年 - 制服廃止。服装が自由化する。
  • 1995年 - 創立100周年。
  • 2003年 - 文部科学省から3年間の「スーパーイングリッシュランゲージハイスクール(SELHi)」研究指定校として指定を受ける。
  • 2005年 - 創立110周年記念式典が敢行される。
  • 2015年10月17日 - 創立120周年記念式典が敢行される。

行事編集

  • 5月 - 耐久レース(森町のグリーンピア大沼で開催されるマラソンで、男子12km強 女子8km強の距離を走る。)
  • 7月 - 白楊祭(文化祭で3日間続く。)
  • 8月 - 校内水泳大会
  • 9月 - 校内体育大会
  • 11月 - 柔道大会(カリキュラム変更により2019年よりなくなった。)

部活動編集

  • 野球部は、全国中等学校優勝野球大会に2度出場しているが、第7回大会出場時は甲子園球場完成前、第28回大会出場時は甲子園球場が連合軍に接収されていたため、「甲子園の土」を踏んでいない。
  • 水泳部が1925年の第2回全国中等学校水上競技大会(現:インターハイ)で全国制覇を達成している[1]

白楊会館編集

函中100年記念会館

著名な出身者編集

政界編集

官界編集

  • 野田清(海軍中将・大本営海軍報道部長)【6期】
  • 薄田美朝(元鹿児島県知事、元警視総監)【16期】
  • 富田朝彦(元内閣調査室長、元宮内庁長官)【40期】
  • 天坂昌司(元国鉄副総裁)【42期】
  • 土田浩史(厚生労働省政策立案審議官・元経済産業省大臣官房審議官)【82期】
  • 下国英樹(外務省医務官)【82期】
  • 宮村和夫(外務省医務官)【82期】
  • 石崎和志(元内閣府審議官)【83期】

法曹界編集

スポーツ界編集

経済界編集

学界編集

  • 馬場修(歯科医学者・民俗学者)【14期】
  • 児玉作左衛門(医学者・北海道大学名誉教授)【15期】
  • 森本良平(東京大学名誉教授・元東大地震研究所所長)【36期】
  • 福岡醇一(北海道大学名誉教授)【39期】
  • 前田徳尚(元[聖マリアンナ医科大学]名誉教授・元学長)【39期】
  • 三浦祐晶北海道大学名誉教授・元日本皮膚科医学会会長)【41期】
  • 葛西森夫(東北大学名誉教授・元東北大学医学部附属病院長)【42期】
  • 田沼静一東京大学名誉教授・元東京大学物性研究所長)【42期】
  • 久保周一郎(北海道大学名誉教授)【44期】
  • 四方英四郎(北海道大学名誉教授・日本学士院会員)【46期】
  • 鈴木旭(北海道大学名誉教授)【48期】
  • 奥平康弘(東京大学名誉教授・元東大社会学研究所所長)【51期】
  • 品川孝次(元上智大学法学部長・元専修大学大学院法学研究科長)【51期】
  • 手塚泰彦(京都大学名誉教授)【52期】
  • 所一彦(立教大学名誉教授・元日本犯罪社会学会会長) 【55期】
  • 川口千代(筑波大学名誉教授)【57期】
  • 四ツ柳隆夫(元東北大学工学部長、元宮城工業高等専門学校長、元日本分析化学会会長、元日本化学会副会長)【59期】
  • 渡辺憲司(立教大学名誉教授・日本文学)、元 立教新座中学校・高等学校校長、自由学園最高学部長)【65期】
  • 今井浩三(東京大学医科学研究所教授・医科学研究所付属病院長、元札幌医科大学学長、日本がん免疫学会理事長)【68期】
  • 名古屋彰(岡山大学大学院教授)【76期】
  • 木村暢夫(北海道大学大学院教授)【78期】
  • 武田雅哉(北海道大学大学院教授)【78期】
  • 渋谷正人(北海道大学大学院教授)【80期】
  • 寺地徹(京都産業大学教授・日本遺伝学会評議員・日本育種学会常任幹事)【81期】
  • 小林恒(歯科医学)(弘前大学医学部口腔外科教授)【82期】
  • 櫻井しのぶ (順天堂大学大学院教授) 【82期】
  • 清水真 (明治大学法科大学院教授・東京医科歯科大学臨床倫理委員・日本動脈硬化学会倫理審査委員・元法科大学院協会常務委員)【82期】
  • 本田光宏(筑波大学大学院教授、元国税庁国際調査管理官)【82期】
  • 庭山聡美(室蘭工業大学教授・元大阪大学 産業科学研究所招聘教授) 【82期】
  • 西條政幸(厚生労働省国立感染症研究所ウイルス第1部長・岐阜大学獣医学連携大学院教授・早稲田大学理工学術院客員教授)【83期】
  • 平井文三(亜細亜大学法学部教授) 【86期】

文化界編集

芸能界編集

※出典:「写真集 白楊ヶ丘 九十周年」1986年2月10日発行 ※出典:白楊ヶ丘同窓会 会員名簿「白楊」

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集