メインメニューを開く

五色温泉 (北海道)

日本の北海道蘭越町、およびニセコ町にある温泉。

五色温泉(ごしきおんせん)は、北海道蘭越町、およびニセコ町にある温泉ニセコ温泉郷のひとつ。ニセコ五色温泉とも呼ばれる。

Hot springs 001.svg五色温泉
Goshiki spa roten.JPG
ニセコアンヌプリを望む露天風呂
温泉情報
所在地 北海道蘭越町ニセコ町
交通 JR北海道 函館本線ニセコ駅からニセコバスで1時間16分(夏期のみの運行)
泉質 含食塩・石膏 - 酸性硫黄泉
泉温(摂氏 76.1 ℃
湧出量 200リットル(毎分)
pH 2.6
液性の分類 酸性
浸透圧の分類 低張性
宿泊施設数 2
テンプレートを表示

目次

泉質編集

  • 酸性含硫黄 - マグネシウム・ナトリウム・カルシウム - 硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)(酸性低張性高温泉)(旧泉質名:含食塩・石膏 - 酸性硫黄泉(硫化水素型))
含有成分の総量は、1kgあたり4574mgと非常に多いのが特徴。
お湯は灰色で硫黄の香りが強い。
 
左:五色温泉旅館、右:山の家

温泉宿編集

ニセコアンヌプリイワオヌプリ間の凹地に、「ニセコ五色温泉旅館」「ニセコ 山の家」2軒の宿が道を挟んで立つ。ともに内風呂・露天風呂を備え、源泉掛け流しで日帰り入浴可能である。「ニセコ五色温泉旅館」の建物の大半は蘭越町に位置するが、住所はニセコ町としている。なお「ニセコ 山の家」は改修工事を理由に2016年度を最後に営業していない。

歴史編集

「ニセコ五色温泉旅館」の開業は昭和5年である。

昭和33年11月1日 - 厚生省告示第327号により、ニセコ温泉郷の一部として国民保養温泉地に指定。

「ニセコ 山の家」は元は国鉄の施設だったが、現在は民間の施設である。

アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 湧出量を除く泉質および含有成分総量は、ニセコ五色温泉旅館内掲示の温泉分析書(平成22年付)、湧出量はニセコ五色温泉旅館のサイト掲載の温泉分析書(昭和50年付)による。

座標: 北緯42度52分23.5秒 東経140度38分14.7秒 / 北緯42.873194度 東経140.637417度 / 42.873194; 140.637417