メインメニューを開く

筋肉痛

筋肉痛(きんにくつう、: Myalgia)は、筋肉に生じる痛みであり、その原因はざまざまである。しかし最も一般的な原因で、一般に筋肉痛と呼ばれるのは、筋肉・筋肉群の過剰使用または過剰伸展を行った後、その数時間後から数日後に発生する遅発性筋肉痛 (: Delayed Onset Muscle Soreness = DOMS) である。

Myalgia
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
リウマチ学

外傷性病歴のない筋痛症は、多くはウイルス感染によるものである。長間の筋肉痛は、代謝性ミオパシー、いくつかの栄養欠乏症、慢性疲労症候群の指標となり得る。

目次

原因編集

筋肉痛の最も一般的な原因は、過剰使用、外傷、緊張です。しかし、疾患、障害、薬物療法、ワクチン接種などによって引き起こされる可能性もある。また心臓移植手術後では急性拒絶反応の徴候でもある。

最も一般的な原因は以下である。

  • 傷害または外傷 - 捻挫、血腫を含む
  • 過剰使用:筋肉の過剰使用、頻度使用(別の外傷を守る動作も含む)。
  • 慢性的な筋緊張

ほかにも、筋肉痛は次の場合に起こりえる。

治療編集

筋肉痛の原因が不明な場合は、対症療法で治療すべきである。一般的には、温熱、安静、パラセタモールNSAID、筋弛緩薬などがある[4]

脚注編集

  1. ^ Handbook of Sexual Dysfunction. Taylor & Francis. (2005). ISBN 9780824758264. 
  2. ^ Wylie KR, ed (2015). ABC of Sexual Health. John Wiley & Sons. pp. 75. ISBN 9781118665565. https://books.google.com/books?id=oH64CAAAQBAJ&lpg=PA75&dq=Post%20orgaasmic%20illness%20syndrome&pg=PA75#v=onepage&q=Post-orgasmic%20illness%20syndrome&f=false. 
  3. ^ “Postorgasmic illness syndrome”. Genetic and Rare Diseases Information Center (GARD). National Institutes of Health. (2015). https://rarediseases.info.nih.gov/gard/10809/postorgasmic-illness-syndrome/resources/1 2015年7月30日閲覧。. 
  4. ^ Shmerling, Robert H (2016年4月25日). “Approach to the patient with myalgia”. UpToDate. 2018年5月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

分類
外部リソース