井上 正賀(いのうえ まさのり)は、江戸時代中期の常陸国下妻藩の世嗣。官位従五位下備後守

 
井上正賀
時代 江戸時代中期
生誕 享保16年(1731年
死没 寛延3年5月17日1750年6月20日
官位 従五位下備後守
常陸下妻藩世嗣
氏族 井上氏
父母 井上正敦井上正矩
テンプレートを表示

略歴編集

2代藩主・井上正敦の長男として誕生。母は井上正矩の娘。

下妻藩嫡子として生まれ、寛延元年(1748年)に徳川家重に初御目見する。しかし、家督を相続することなく寛延3年(1750年)に死去した。