メインメニューを開く

井上 治(いのうえ おさむ、1976年- )は、日本哲学者大阪市出身。京都造形芸術大学准教授。旧嵯峨御所華道総司所学術顧問[1]文化庁文化審議会第15期文化政策部会委員[2]

井上治
人物情報
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都大学
学問
研究分野 芸術哲学、伝統文化論
研究機関 京都造形芸術大学
学位 文学博士(京都大学)
テンプレートを表示

専門分野は芸術哲学、伝統文化論。主な研究業績として、中世から近代にかけての花道思想の成り立ちと展開を「自然(おのずから)」の概念を軸に論じた『花道の思想』(思文閣出版、2016年)がある。

略歴編集

1976年大阪市平野区に生まれる。京都大学大学院文学研究科博士後期課程を修了後、京都大学非常勤講師等を経て現職[3]

主な業績編集

単著編集

掲載雑誌編集

  • 京の発言』2008年 - 2010年
  • 『なごみ』淡交社、2017年
  • 『工芸青花』新潮社、2017年 - 2018年

TV出演等編集

脚注編集

外部リンク編集