井上 道経(いのうえ みちつね)は、江戸時代武士毛利氏の家臣で長州藩士。父は井上就貞。知行は200石。

 
井上道経
時代 江戸時代
生誕 寛文2年(1662年
死没 宝永6年2月23日1709年4月2日
改名 井上半之助(幼名)→井上道経
別名 通称:清左衛門
主君 毛利綱広吉就吉広吉元
長州藩
氏族 清和源氏頼季安芸井上氏
父母 父:井上就貞
道之
テンプレートを表示

生涯編集

寛文2年(1662年)、長州藩士・井上就貞の子として生まれ、毛利綱広吉就吉広吉元に四代に仕える。

宝永6年(1709年2月23日に死去。享年48。子の道之(小伝次、八兵衛)が後を継いだ。

参考文献編集