井伊 直清(いい なおきよ)は、江戸時代後期の近江国彦根藩の世嗣。井伊直弼の長兄。

 
井伊直清
時代 江戸時代後期
生誕 寛政3年4月22日1791年5月24日
死没 文化8年9月21日1811年11月6日
改名 欽次郎(幼名)、直清
近江彦根藩世嗣
氏族 井伊氏(掃部頭家)
父母 井伊直中
兄弟 直清穠姫直亮、鋭三郎、亀五郎、知、中顕、充、秩、中川久教内藤政成、芳、松平勝権新野親良直元横地義之
内藤政優直弼内藤政義
松平定信
テンプレートを表示

略歴編集

寛政3年(1791年)4月22日、13代藩主・井伊直中の長男として誕生。幼名は欽次郎。内室は松平定信の娘。

彦根藩の世子となるが、病弱のため文化2年(1805年)に廃嫡された。代わって弟・直亮が世子となり、後に第14代藩主となる。

文化8年(1811年)9月21日に死去した。享年21。