井伊 中顕(いい なかあき)は、近江彦根藩井伊家の一門。同第13代藩主井伊直中の六男[1]。第14代藩主井伊直亮の異母弟、第15代藩主井伊直弼の異母兄である。

 
井伊中顕
時代 江戸時代後期
生誕 寛政11年12月1日1799年12月26日
死没 嘉永5年6月26日1852年8月11日
別名 恭之助
官位 筑後
主君 井伊直亮→直弼
氏族 井伊氏→中野氏→井伊氏
父母 父:井伊直中、母:津田信備の養女(宮川春昭の娘)
養父:中野中経
兄弟 直清穠姫(長女、蜂須賀斉昌正室)、某、直亮、鋭三郎、亀五郎、知(榊原政養正室)、中顕、充(内藤政順正室)、秩、中川久教内藤政成、芳(松平忠侯正室)、松平勝権新野親良直元横地義之内藤政優直弼内藤政義
正室:生駒吉雄の娘
顕道(内藤政文)亮寿
テンプレートを表示

生涯編集

生母は直中の次男(早世)と同じである[2]。寛政12年(1800年)3月に井伊家の家老である中野助太夫中経の養子となる[2]

文化13年(1816年)10月9日に本姓に復し[2]、直亮・直弼ら歴代藩主に仕えて補佐に当たった。嘉永5年(1852年)6月26日に死去した。享年54。跡を子の亮寿が継いだ[2]

脚注編集

  1. ^ 吉田 1963, p. 6.
  2. ^ a b c d 吉田 1963, p. 406.

参考文献編集