メインメニューを開く

中川 久教(なかがわ ひさのり)は、豊後岡藩の第11代藩主。井伊直弼の兄にあたる。

 
中川 久教
Nakagawa Hisanori.jpg
中川久教像(個人蔵)
時代 江戸時代後期
生誕 寛政12年7月1日1800年8月20日
死没 天保11年9月28日1840年10月23日
改名 悌之丞(幼名)、井伊直教、中川久教
別名 久通(別名)
戒名 大鑑院
墓所 大分県竹田市城北町の碧雲寺
官位 従五位下、修理大夫
幕府 江戸幕府
豊後岡藩
氏族 井伊氏中川氏
父母 父:井伊直中、母:関口氏
養父:中川久貴
兄弟 井伊直清穠姫井伊直亮井伊中顕久教
内藤政成松平勝権井伊直元内藤政優
井伊直弼内藤政義
正室:中川久貴の娘・育
養女:中川久貴娘・岡部長和正室)
養女:栄子(加藤泰済娘・中川久昭正室)
婿養子:中川久昭
テンプレートを表示

寛政12年(1800年)7月1日、近江彦根藩主・井伊直中の七男として生まれる。文化12年(1815年)1月29日、岡藩第10代藩主・中川久貴と正室・満の娘・育の婿養子となる。同年6月1日、養父久貴の隠居で家督を継いだ。同年9月5日、将軍徳川家斉に拝謁した。同年12月16日には従五位下、修理大夫に叙任する。文化13年4月21日、初めてお国入りする許可を得る。

文化14年(1817年)から幕命による手伝い普請をはじめ、文政6年(1823年)の大旱魃などにより藩財政が困窮した。このため、文政7年(1824年)から倹約令を出して財政再建に努めるが、文政11年(1828年)、天保3年(1832年)、天保6年(1835年)、天保7年(1836年)なども旱魃や風雨による被害に悩まされ、財政は悪化の一途をたどっている。

天保11年(1840年)9月28日に死去した。享年41。跡を婿養子の久昭が継いだ。