メインメニューを開く

井口 良二(いぐち りょうじ、1895年明治28年)10月11日[1] - 没年不明)は、日本実業家日東製粉社長[2]三菱商事常務[2]。衆議院議員岸田文武の義父。衆議院議員岸田文雄の母方の祖父[2]

人物編集

佐賀県唐津市に生まれた[1]。井口兆之助の二男[1]1919年東京高等商業学校(現・一橋大学)本科卒業[3]。三菱商事に入社[1]。本店、倫敦スラバヤ神戸大阪各支店に勤務。同社常務、旭交易、日東製粉各社長などをつとめた。趣味は園芸、音楽、屋外運動[1]。宗教は仏教[1]

家族・親族編集

井口家

佐賀県唐津市[1]、東京都世田谷区羽根木

  • 父・兆之助[1]
  • 母・繁子[1]
1870年 -
  • 兄・良香[1]
  • 妻・国子(児玉実道の長女)[1]
  • 長男[1]
  • 次男[1]
  • 三男・三郎(新日本観光興業専務[2]、東日本振興社長、同会長)
1939年 -
  • 同妻(佐々木真太郎の長女)[2]
  • 四男
  • 長女[1]
  • 次女(広島、岸田文武の妻)[2]
1931年 -
親戚

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『大衆人事録 第14版 近畿・中国・四国・九州篇』兵庫9頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年8月4日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 『「家系図」と「お屋敷」で読み解く歴代総理大臣 昭和・平成篇』272-273頁。
  3. ^ 『東京商科大学一覧 自大正11年至12年』287頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年8月4日閲覧。

参考文献編集

  • 東京商科大学編『東京商科大学一覧 自大正11年至12年』東京商科大学、1921-1926年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第14版 近畿・中国・四国・九州篇』帝国秘密探偵社、1940年。
  • 竹内正浩『「家系図」と「お屋敷」で読み解く歴代総理大臣 昭和・平成篇』実業之日本社、2017年。