メインメニューを開く

井家上 隆幸(いけがみ たかゆき、1934年1月1日 - 2018年1月15日[1])は、日本の文芸評論家、コラムニスト。日本推理作家協会会員。

目次

略歴編集

岡山県津山市出身[2]岡山大学法文学部法学科卒[3]。1958年に三一書房に入社し編集者となり、小沢昭一「私は河原乞食考」、清水一行「小説 兜町」[4]竹中労『エライ人を斬る』[5]などを担当。1972年に退社し[6]日刊ゲンダイ」創刊時の編集局次長。

1974年退社して[7]、フリーとなり、書評を中心に執筆活動を行う。また、白川書院に編集者として関わり竹中労の「日本映画縦断」シリーズ・『聞き書きアラカン一代――鞍馬天狗のおじさんは』、マキノ雅弘稲垣浩編『山上伊太郎のシナリオ』などを担当[8]

なお、「講演会ドットコム」に井家上のプロフィールとして「1978年、ぴあ株式会社入社、「ぴあ」副編集長、「ぴあムック」編集長等を経て、18年間勤務した同社を96年に退社、 作家専業に」等の情報があるが[9]、これは作家盛田隆二のデータ[10]が混入した誤情報である。

1983年の「日本冒険作家クラブ」立ち上げ時には、発起人の一人であり、事務局長をつとめた[11]

また日本エディタースクール講師を務めた[12]

1992年、日本冒険小説協会賞評論賞(『量書狂読1988~1991』)[13]、2001年、日本推理作家協会賞評論その他の部門(『20世紀冒険小説読本〈日本編・海外編〉』)を受賞。

2018年1月15日、肺炎のため死去[1]。84歳没。

著書編集

  • 十勝ワイン共和国 歴史の実験』ベストセラーズ・ワニの本 1977 
  • 『量書狂読 1988~1991』三一書房 1992
  • 『本の話何でもあり屋』リブリオ出版 1995
  • 『またも量書狂読 1992~1994』三一書房 1996
  • 『一年で600冊の本を読む法』ひらく 1997
  • 『20世紀冒険小説読本 海外篇』早川書房 2000
  • 『20世紀冒険小説読本 日本篇』早川書房 2000 

共著編集

  • 『アイデア盗用の本 柳の下の二匹目を狙え 人の頭脳を金にする』柳田邦夫共著 ベストセラーズ 1972
  • 『超激辛爆笑鼎談・「出版」に未来はあるか? 中央公論買収の裏側、三一書房ロックアウトの真相』永江朗安原顯 編書房 1999
  • 『どんと来い!借金地獄―サラ金・ヤミ金・商工ローン・カードローン 多重債務必勝法』 全国クレジットサラ金被害者連絡協議会 編/宇都宮健児 ベストセラーズ 2002
  • 『教養主義!』共著 フリースタイル、2004
  • 『三一新書の時代 出版人に聞く16』論創社 2014。聞き手小田光雄

監修編集

  • 斎藤龍鳳『なにが粋かよ』監修 ワイズ出版 1997
  • 『あらすじで味わう昭和のベストセラー』監修 廣済堂出版 2004

脚注編集

  1. ^ a b 訃報 井家上隆幸さん84歳=文芸評論家”. 毎日新聞 (2018年1月16日). 2018年1月16日閲覧。
  2. ^ 山陽新聞 2018年1月17日 15版
  3. ^ 講演会ドットコム(講師派遣・イベント) : 講師プロフィール
  4. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  5. ^ 図書新聞・書評(『三一新書の時代』)
  6. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  7. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  8. ^ 図書新聞・書評(『三一新書の時代』)
  9. ^ 講演会ドットコム(講師派遣・イベント) : 講師プロフィール
  10. ^ 講演会ドットコム(講師派遣・イベント) : 講師プロフィール
  11. ^ 日本冒険作家クラブ編『敵!』収録の田原孝司「実録 日本冒険作家クラブ」より。
  12. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  13. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報

参考編集

  • [1]
  • 『文藝年鑑2011』