京極高盛

江戸時代前期~中期の大名。田辺藩主、のち豊岡藩主

京極 高盛(きょうごく たかもり)は、丹後国田辺藩の第3代藩主、のち但馬国豊岡藩初代藩主。豊岡藩京極家3代。

 
京極高盛
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 慶安3年8月27日1650年9月22日
死没 宝永6年2月1日1709年3月11日
改名 六丸(幼名)、高盛
戒名 陽林院殿照山道廓大居士
墓所 東京都文京区向丘瑞泰寺
官位 従五位下伊勢守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱
丹後田辺藩主→但馬豊岡藩
氏族 京極氏
父母 京極高直水野忠善の娘
兄弟 高盛高元高門高住高里高完森長武正室ら
養子高住
テンプレートを表示

略歴編集

田辺藩の第2代藩主・京極高直の長男として、江戸向柳原邸で生まれる。寛文3年(1663年)、父の死去により跡を継ぐ。このとき、弟の高門に2000石を分与した。寛文8年(1668年)5月3日、田辺藩から豊岡藩に移封される。しかしもともと病弱だったため、寛文7年(1667年)から養嗣子に迎えていた弟の高住延宝2年(1674年)3月18日、家督を譲って隠居した。

宝永6年(1709年)2月1日、60歳で死去した。

系譜編集

関連項目編集