水野忠善

日本の江戸時代の大名

水野 忠善(みずの ただよし)は、江戸時代前期の大名水野忠元の長男。下総山川藩2代藩主、のちに駿河田中藩三河吉田藩主。三河岡崎藩初代藩主。忠元系水野家2代。官位従五位下大監物

 
水野忠善
Mizuno Tadayoshi.jpg
水野忠善
時代 江戸時代前期
生誕 慶長17年(1612年
死没 延宝4年8月29日1676年10月6日
墓所 茨城県結城市山川の山川水野家墓所
愛知県東浦町乾坤院
官位 従五位下大監物
幕府 江戸幕府
主君 徳川秀忠家光家綱
下総山川藩主→駿河田中藩主、三河吉田藩主→三河岡崎藩
氏族 水野氏(忠守流)
父母 父:水野忠元
兄弟 忠善忠久有馬豊長正室、
水野重良正室、佐野政信
正室:井上正就
忠春京極高直正室、松平乗久正室、
丹羽氏純正室、水野元知正室、
片桐貞房正室、牧野康道正室
テンプレートを表示
乾坤院にある忠善の墓(前列奥)

略歴編集

元和6年(1620年)、父・忠元の死により家督を相続する。寛永7年(1630年)、従五位下大監物に任官。

寛永12年(1635年)、1万石加増され駿河田中藩(静岡県藤枝市)4万5000石に転封となる。この時大井川氾濫に対処するため1000(1貫は1銭1000枚)の巨費を投じて「千貫堤」を築堤したと伝わる[1][2]

寛永19年(1642年)に三河吉田藩に、正保2年(1645年)に5000石加増され三河岡崎藩5万石に移される。寛文4年(1664年)、弟の忠久に5000石を分与する。隣接する尾張徳川家を仮想敵国とし、軍備増強に注力した。

延宝4年(1676年)に死去した。跡を長男・忠春が継いだ。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 藤枝市郷土博物館『藤枝の歴史』1987年11月 pp.44-45
  2. ^ 千貫堤(せんがんづつみ)」って何?!(藤枝市スポーツ・文化局 街道・文化課サイト)

参考文献編集

  • 藤枝市郷土博物館『常設展示解説 藤枝の歴史-原始から現代まで-』(藤枝市郷土博物館発行)1987年11月