京極 高長(きょうごく たかなが)は、江戸時代中期の大名丹後国峰山藩5代藩主。官位従五位下備後守、主膳正。

 
京極高長
Kyōgoku Takanaga.jpg
京極高長像(常立寺蔵)
時代 江戸時代中期
生誕 元禄8年5月1日1695年6月12日
死没 明和6年4月3日1769年5月8日
戒名 源寥院廓誉常光道仙
墓所 京都府京丹後市峰山町吉原の安泰山常立寺
官位 従五位下備後守、主膳正
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重家治
丹後峰山藩
氏族 内藤家 (信成系)京極氏
父母 内藤弌信京極高明之
兄弟 内藤信盛中坊秀孝高長
内藤信輝養女、内藤信庸
京極高明之
高久
テンプレートを表示

略歴編集

元禄8年(1695年)5月1日、陸奥国棚倉藩主(のち越後国村上藩主)内藤弌信の三男(四男との説もある)として棚倉にて誕生。

正徳4年(1714年)、先代藩主・京極高之の婿養子となった。享保8年(1723年)、高之の死去で跡を継ぐ。明和2年(1765年)8月8日、養嗣子の高久に家督を譲って隠居し、明和6年(1769年)4月3日に江戸で死去した。享年75。

法号は源寥院廓誉常光道仙。墓所は東京都江東区白河の道本山霊巌寺。後に京都府京丹後市峰山町吉原の安泰山常立寺に改葬。

系譜編集