メインメニューを開く

京阪宇治交サービス(けいはんうじこうサービス)は、大阪府枚方市にかつて存在していた企業。一時期はバス事業にも進出していた。一時期は京都府宇治市に本社機能を移転していた時期もあったが、ごく短期間で枚方市内に再度戻った後に解散となった。

歴史編集

事業編集

2000年4月30日付では資本金1000万円・乗合いバス38両、貸し切りバス20両、旅行業・ビル清掃管理と警備業・駐車場2か所・駐輪場2か所、食堂喫茶店9店・コンビニエンスストアー3店・物品販売3店、介護サービスをおこなっていた。

しかし、2002年に介護事業を新設された京阪ライフサポートへ譲渡。2006年に清掃業、警備業は京阪エンジニアリングサービスへ、飲食業は京阪レストランへ、旅行業は先にバス事業を譲渡した京阪宇治バスへ譲渡して「京阪宇治交サービス」は解散した。

特記事項編集