メインメニューを開く

人も歩けば』(ひともあるけば)は、梅崎春生が1959年に刊行した小説(中央公論社刊行)。また、同作を原作とする1960年公開の川島雄三監督による同名の日本映画東京映画製作、東宝配給、モノクロ、上映時間99分、東宝スコープ

人も歩けば
監督 川島雄三
脚本 川島雄三
原作 梅崎春生
製作 佐藤一郎
奥田喜久丸(企画)
出演者 フランキー堺
音楽 真鍋理一郎
撮影 岡崎宏三
製作会社 東京映画
配給 東宝
公開 日本の旗1960年2月9日
上映時間 99分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

主人公の砂川桂馬は、キャバレーのドラマーをしていたが、銀座の質屋「成金屋」の主人と将棋仲間だったことから、「成金屋」の婿となる。しかし、義父はすぐに死亡、桂馬は商売に失敗。「あかしや化粧品」のセールスマンとなる。銭湯「八卦湯」の店主で、手相占い師の日高泥竜子に、「婿入り先を近々出る」「大金を手にする」と占われる。

義母と妻が探偵(金田一小五郎)をつかって素行調査をしたことから、おでん屋「すみれ」に出入していることも責められ、桂馬は喧嘩わかれをし、ドヤ街の、並木浪五郎が経営する「ベッドハウス」に暮らすことになる。ベッドハウスにいた板割鉄太郎を弟分にしたが、金を持ち逃げされて無一文になる。そのため、桂馬は、烏森にある日高泥竜子の銭湯で、三助をしてくらすようになる。

ところが、桂馬の伯父がなくなり、9000万円の遺産が入ることになり、それをしった成金屋の一家は、桂馬を探し始める。さがされていることを知った桂馬は、逃げようとするが、日高泥竜子が作ろうとしている新興宗教「心霊八相会」の教祖役を頼まれる。日高がやめた銭湯は、すみれが買い取り「すみれ湯」となる。

そうこうしているうちに、気が付くと、桂馬は将棋を指している最中だった。

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

外部リンク編集