メインメニューを開く

仁尾サンシャインランド

仁尾サンシャインランド(におサンシャインランド)は、かつて香川県三豊市(旧三豊郡仁尾町)にあった仁尾興産経営の遊園地である。

概要編集

サンシャイン計画により仁尾町に太陽熱発電施設が開設されたことを記念して、その近接地で1981年から1983年まで開催された「仁尾太陽博」の盛況を受け、1984年3月15日にオープン。

園内にはスフィンクス像があったが、これは先述の仁尾太陽博に建設されたパビリオンをそのまま受け継いだものであった。なお、このスフィンクス像は「スフィンクスの謎」という巨大迷路の入口だった。

ソラリウムという反円筒形のドーム施設を中心に、園内には観覧車ジェットコースターパターゴルフ場、多目的広場の他、ピラミッド長崎平和祈念像を模したもの(※:祈念像を模したものは、かかげる右手をピースにしていた)などがあった[1]

しかし、その後の不況と1991年香川県綾歌町(現丸亀市綾歌町)に開業したレオマワールドに客足が奪われて衰退し、その後1995年10月末日に閉園し、その後廃墟となり、2008年頃にスフィンクス像は取り壊された。

2010年1月に町内のスーパーマーケットが撤退したことを受け、地域住民のために豊富な品物をそろえるスーパーのような場を確保する目的で、地元企業の協力を得て跡地の一部を利用した産直市場『さんさん市場・仁尾』が同年11月19日にオープンした[2]

また、太陽熱発電施設の跡地には、四電工菅組(仁尾町の地場建設業者)の共同出資により設立された仁尾太陽光発電により太陽光発電所『サンシャインパーク仁尾』が2013年に開設された[3]

営業していた頃の入園料編集

  • 大人:500円
  • 子供:300円

作品編集

以下の作品の撮影に使用された。

脚注編集

  1. ^ “仁尾サンシャインランド”. 廃墟中毒. (2004年1月1日). http://www.geocities.jp/argongas2004/sunshine01.html 2010年8月20日閲覧。 
  2. ^ 町民有志の店人気/産直市「さんさん市場仁尾」 - 四国新聞、2010年12月18日、9時36分、Google検索のキャッシュ(オリジナル
  3. ^ 太陽光発電事業の概要 - 四電工公式サイト。

外部リンク編集