仁海(にんがい、天暦5年(951年) - 永承元年5月16日1046年6月22日))は、平安時代中期の真言宗。父は宮道惟平和泉国の出身。小野僧正・雨僧正・雨海僧正とも称される。真言宗小野流の祖。

略歴編集

高野山雅真(がしん)に師事して得度し、その後石山寺元杲(がんごう)に灌頂を受けた。弘法大師(空海)より8代目の弟子にあたる[1]991年正暦2年)山科小野に牛皮山曼荼羅寺(後の随心院)を建立し[1]小野流を開いた。1018年寛仁2年)祈雨法を修して霊験を現したことにより権律師に任じられた。宮中の帰依を受け、神泉苑(京都御池大宮西)に請雨の法(祈雨法)を修すること9回、その度に霊験があり雨が降ったので、雨僧正とも呼ばれた[1]。その名声は中国まで伝わった。この間、東大寺別当東寺長者法務を歴任し僧正に至った。晩年には輦車の宣旨を賜っている。

真言宗各派で読誦する「胎蔵界礼懺」の撰者である。

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c 随心院の歴史”. 随心院. 2020年1月7日閲覧。