仁科 盛家(にしな もりいえ、- 没年不明)は平安時代末期の武将。通称は次郎。

信濃国安曇郡仁科御厨の豪族。治承3年(1179年)「大施主平朝臣盛家」として安曇郡藤尾郷の覚薗寺に千手観音像を寄進した。治承・寿永の乱では源義仲挙兵に参陣し、各地を転戦し入洛にも随行。寿永2年(1183年)の水島の戦いで平氏に敗れ、翌月の法住寺合戦では内裏に近い鳥羽の四至を警固しているが、その後の動向は不明。  

関連項目編集

参考文献編集

  • 「長野県姓氏歴史人物大辞典」角川書店 1996年
  • 田中豊茂「信濃中世武家伝」信濃毎日新聞社 2016年