メインメニューを開く

今出川 実尹(いまでがわ さねただ)は、鎌倉時代後期から建武新政期にかけての公卿

 
今出川実尹
時代 鎌倉時代後期-建武新政
生誕 正和5年(1316年
死没 興国3年/康永元年8月21日1342年9月21日
官位 正二位権大納言
主君 後醍醐天皇
氏族 今出川家
父母 父:今出川兼季、母:西園寺公顕の娘
兄弟 実尹、妙菊(佐々木高貞室)
三条実忠の娘
公直実直
テンプレートを表示

経歴編集

元亨2年(1322年)に雅歌琵琶の秘曲を伝授された。嘉暦3年(1328年従三位となり、公卿に列する。左近衛中将権中納言などをへて、建武元年(1334年)後醍醐天皇の中宮珣子内親王後伏見天皇皇女)の中宮権大夫となる。同年雅楽頭を兼務。延元2年/建武4年(1337年)珣子内親王の薨去に伴い、大夫を辞職。延元4年/暦応2年(1338年)に権大納言を拝命。

関連項目編集