今 明秀(こん あきひで、1959年11月13日 - )は、日本医師

八戸市立市民病院院長。専門は救急医学集中治療医学外傷外科学一般外科学

人物編集

外科医として青森県内の地域医療に従事した後に、救急医療の道に進む。八戸市立市民病院救命救急センター所長就任後は、救急医1人だけの状況から、初療・緊急手術・集中治療・一般病棟・リハビリテーションまでを軽症重症を問わずを救急医が一貫して受け持つ新しいシステムを有する救急医療体制を確立する。同院にドクターヘリとドクターカーといった病院前救急診療を導入し、劇的救命を目標に重篤な患者の命を救うことにチーム一丸となって取り組み、青森県の救急医療を大きく進歩させた。同院の院長就任後の現在は、救命救急センター所長は退任したが、院長業務の傍らフライトドクターや救急診療を続けている[1][2][3]

略歴編集

テレビ出演編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 今 明秀 先生(青森県の消化器外科医)のプロフィール:八戸市立市民病院” (日本語). メディカルノート. 2022年1月20日閲覧。
  2. ^ 今 明秀(ER救命医) | 情熱大陸” (日本語). www.mbs.jp. 2022年1月20日閲覧。
  3. ^ 僻地医療で奇跡を起こす│ヒポクラテスの誓い│サンスター製品情報サイト” (日本語). サンスター. 2022年1月20日閲覧。

外部リンク編集