メインメニューを開く

今村勤(いまむら つとむ、1927年 - )は、日本物理学者関西学院大学名誉教授

今村 勤
生誕 1927年????
研究分野 理論物理学
研究機関 関西学院大学ノースカロライナ大学ボストン大学
出身校 大阪大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

1927年生まれ。大阪大学理学部物理学科卒業。1957年 大阪大学 理学博士[1]。同大学助教授を経て、1961年から関西学院大学理学部教授。この間ボストン大学講師ノースカロライナ大学客員準教授などを歴任。2006年秋の叙勲において「瑞宝中綬章」を受章。大学生・専門家向けの物理数学に関する教科書を多数執筆している。

論文編集

  • T. Imamura, W.C. Meecham, A. Siegel, Symbolic Calculus of the Wiener Process and Wiener‐Hermite Functionals, J. Math. Phys. 6, 695 (1965). doi:10.1063/1.1704327
  • T. Imamura, Quantized Meson Field in a Classical Gravitational Field, Phys. Rev. 118, 1430 (1960). doi:10.1103/PhysRev.118.1430
  • 今村勤、「Wiener-Hermite 展開」日本物理学会会誌 vol. 31, 367-373, (1976). NAID 110002073750

著書編集

脚注編集

  1. ^ 散乱の形式論に於ける諸仮定に就いての批判(昭和32年7月26日、大阪大学)