メインメニューを開く

ボストン大学

ボストン大学英語: Boston University)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンに本部を置く米国私立大学である。1839年に設置された。

ボストン大学
Marsh Chapel
Marsh Chapel
大学設置 1839年
創立 1839年(1869年)
学校種別 私立
本部所在地 アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン
キャンパス

Charles River

Medical
ウェブサイト ボストン大学公式サイト
テンプレートを表示
Boston University wordmark.svg

全米で4番目の規模を誇り、古くから有色人種、女性や留学生の受け入れを積極的に行っていることで有名。2017年の学生数は約30,000人(学部生16,239、大学院生13,954)で、世界130カ国から5,000人にも及ぶ留学生が学ぶ。学期は、セメスター制を採用している。略称はBU(ビー・ユー)。

アイザック・アシモフエリ・ヴィーゼル下村脩等のノーベル賞受賞者を含む教授陣、充実した施設、多彩なプログラム等がその人気の要因とされる。2018年の合格率は22%。[1]

どの様な世界大学ランキングでも常に100位入りする、学術都市ボストンの代表的な名門私立大学である。

目次

キャンパス編集

  • 総面積:133エーカー
  • 建物:320棟
  • 教室:487室
  • 実験室:2,022室
  • 寮:10,617人収容可能
  • 図書室:23個
    • 本:280万冊
    • 定期刊行物:56,113冊
    • マイクロフィルム:470万枚

Charles River Campus編集

  • College of Arts & Sciences(大学)
  • Graduate School of Arts & Sciences(大学院)
  • College of Communication(大学・大学院)
  • School of Education(大学・大学院)
  • College of Engineering(大学・大学院)
  • Division of Extended Education
  • College of Fine Arts(大学・大学院)
    • School of Music
    • School of Theatre Arts
    • School of Visual Arts
  • College of General Studies
  • Sargent College of Health and Rehabilitation Sciences(大学・大学院)
  • School of Hospitality Administration(大学)
  • ボストン大学ロースクール - School of Law(大学院)
  • School of Management(大学・大学院)
  • Metropolitan College (Continuing Education)
  • School of Social Work(大学院)
  • School of Theology(大学院)
  • University Professors Program(大学・大学院)

Medical Campus編集

  • Goldman School of Dental Medicine(大学院)
  • School of Medicine(大学院)
  • Graduate Medical Sciences(大学院)
  • School of Public Health(大学院)

学部のバラエティー豊かさはアメリカ合衆国内の大学の中でも有数である。中でも特質なのが、University Professor's Programである。このプログラムでは自分の好きな専攻をデザインでき、その学部を卒業するためのカリキュラムもアドバイザーの教授陣と一緒に決めることができる。

11の単科大学と15の単科大学院で成り立っており、ロー・スクールメディカル・スクールデンタル・スクール等を始め、各分野で高く評価される。

世界的な英語教育の高まりを受けて、英語コミュニケーションにも力を入れている。特に、MBAへの編入を目的とした英語教育や短期英語コミュニケーションプログラムの設置がユニークである。

歴史編集

ボストンのメソジスト派の牧師、ラロイ・サンダーランドらによって1839年バーモント州ニューベリーにNewbury Biblical Instituteとして設立。現在は非宗教系の組織となっているが、元々は神学校としてスタート。

1847年ニューハンプシャー州コンコルドに移動し、学校名をMethodist Biblical Instituteに改名、一般にはConcord Biblical Instituteとして知られた。

1867年にボストンへ移動し、学校名をBoston Theological Instituteに改名。

1869年5月26日にマサチューセッツ州によりチャーターされ、現在のBoston Universityに改名する。School of Theologyを除いた全学部で性別・人種・宗教に関係なく教員と学生を受け入れ始める。

1920年から1967年にかけて、Charles River Campusが建設される。大学面積は3倍になり、新たに68の建物を建設した。

組織編集

歴代学長
William Fairfield Warren 1873-1903
William E. Huntington 1904-1911
Lemuel H. Murlin 1911-1924
Edwin Holt Hughes 5月-9月 1923
William F. Anderson 1925-1926
Daniel L. Marsh 1926-1950
Harold C. Case 1950-1967
Arland Christ-Janer 1967-1970
Calvin B.T. Lee 1970
John Silber 1971-1996
Jon Westling 1996-2003
John Silber 2003-2004
Aram Chobanian 2004-2006
Robert A. Brown 2006 - 現在
  • 基金:19.6億ドル(2017)
  • 学費:52,816ドル(2018)

教員編集

  • 教員:2,585人[2]
  • 教員-生徒比率:1:10[3]

ランキング編集

主要世界大学ランキング編集

U.S.News & World Report大学ランキング編集

  • 世界大学ランキング: 第39位(2018年度)[8]
  • 全米大学総合ランキング:第37位(2018年度)[9]

US NEWS主要研究課程ランキング(2019)[10]

  • 工学部: 第35位(医用生体(12), 計算機(36), 電気(39), 機械(43), IE(50), 材料(58))
  • 計算機科学部: 第49位
  • 物理学部: 第37位
  • 化学部: 第59位
  • 生物学部: 第85位
  • 数学部: 第47位
  • 統計学部: 第50位
  • 経済学部: 第23位
  • 政治学部: 第56位
  • 英語学部: 第42位
  • 歴史学部: 第44位
  • 心理学部: 第39位
  • 社会学部: 第47位
  • 地球科学部: 第78位

専門大学院編集

  • 経営学大学院(MBA): 第42位
  • 医科大学院: 第29位(研究部門)/ 第26位(一次医療部門)
  • 法科大学院: 第22位
  • 教育学大学院: 第34位

スポーツ編集

主要記事:w:Boston University Terriers

ボストン大学は多くのスポーツ活動において全米大学体育協会(NCAA)の最高レベルであるディビジョンIに属しており、男女のアイスホッケー、バスケットボール、クロスカントリーなどがある。中でも最も有名なのは男子アイスホッケーであり、USCHO.comが公表する2017年のシーズン前の全米ランキングは2位[11]であった。

ボストン大学のスポーツチームは「テリアーズ」(Terriers)と呼ばれている。これはボストン大学のマスコットであるボストンテリアのレット(Rhett)にちなんでいる。レットの誕生日は1922年12月15日。名前はスクールカラーがスカーレットなのにちなんで、マーガレット・ミッチェル風と共に去りぬの主人公スカーレット・オハラに恋した登場人物レット・バトラーから来ている。2002年に全米マスコット選手権で4位にランクインした。好きな食べ物はアメリカンドッグとホットドッグ、チリドッグ、BCイーグルスである[12]

アイスホッケー編集

ボストン大学は男子アイスホッケーの名門であり、全米選手権の優勝は5回、フローズン・フォー(ベスト4)進出は歴代3位の22回[13]、全米選手権進出は歴代3位[14]の36回果たしている。所属カンファレンスはアイスホッケー激戦区のひとつであるホッケー・イースト協会(Hockey East Association)であり、カンファレンス大会は9回の優勝、レギュラーシーズンの首位には10回輝いている。ホッケー・イースト協会ではフローズン・フォー進出歴代最多のボストンカレッジメイン大学などと熾烈なライバル関係を築いている。同カンファレンスにはそのほかにもプロビデンスカレッジニューハンプシャー大学などの実力校が揃っており、勝ち抜くのは困難である。

ボストン周辺にある4大学(ボストン大学、ボストンカレッジ、ハーバード大学ノースイースタン大学)が毎年2月の第1、2月曜日に行うビーンポット大会については、1952-1953から2017-2018シーズンまでに計66回開催されており、その中でボストン大学は53回もの決勝進出を果たし、最多の30回もの優勝を果たしている。

同じボストンにあるボストンカレッジとは1918年に初めて対戦したときからの長年のライバル関係にあり、このライバル関係はGreen Line RivalryまたはBattle of Commonwealth Avenueと呼ばれている。これは、両校ともマサチューセッツ湾交通局(MBTA)が運営する地下鉄のグリーンライン沿いにあり、また、同時に両校ともボストン市内を東西に走るコモンウェルスアベニュー沿いにあるためである。これまでに279回の試合を行い、ボストン大学が135勝125敗19分けでリード[15]している。

同校は毎年多くのNHL選手を輩出しており、近年最も成功した選手は、2015年にボストン大学の全米大学選手権決勝進出に大きく貢献し、1年生にして同年のNCAA年間最優秀選手賞(ホービー・ベイカー賞)を受賞し、さらに同年にNHLドラフトの全体2位でバッファロー・セイバーズに指名されたジャック・エイチェル(Jack Eichel)である。エイチェルはNHLのスーパースターであり[16][17]、2018-2019シーズンからは同チームのキャプテンを務めている。また、現在ミネソタ・ワイルドに所属するジョーダン・グリーンウェイ(Jordan Greenway)は黒人初の冬季オリンピック男子アイスホッケー米国代表[18]であり、同校在学中に2018年平昌オリンピックに出場している。さらに、グリーンウェイは同一シーズンに全米大学選手権、冬季オリンピック、スタンレー・カップ・プレーオフ(NHLプレーオフ)に出場した史上初の選手にもなった[19]

2015年の全米選手権決勝戦では、同じホッケー・イースト協会所属のプロビデンスカレッジと地元ボストンのTDガーデンにて対戦した。第3ピリオド終了まで約8分半という勝利目前で、プロビデンスカレッジの選手が放ったシュートをゴーリー(ゴールキーパー)が掴んだものの、パックをつかみ損ねたと勘違いしそれを落として失点し、これで同点とされ、その後さらに失点して逆転負けするというショッキングな負け方をした。その3年後のカンファレンス大会(ホッケー・イースト選手権)決勝戦では再度プロビデンスカレッジとTDガーデンにて相まみえ、ここで見事リベンジを果たした。

男子アイスホッケーのホームアリーナは6,150人を収容するアガニスアリーナである。同アリーナは2005年にオープンしており、ホッケー・イースト協会所属の大学のホームアリーナの中で最も新しい。

主な出身者編集

主な教員編集

脚注編集

  1. ^ https://www.bu.edu/admissions/about-bu/profile/
  2. ^ https://www.bu.edu/admissions/about-bu/
  3. ^ https://www.bu.edu/admissions/about-bu/
  4. ^ https://www.timeshighereducation.com/world-university-rankings/boston-university
  5. ^ https://www.topuniversities.com/universities/boston-university
  6. ^ http://www.shanghairanking.com/World-University-Rankings/Boston-University.html
  7. ^ http://cwur.org/2017/Boston-University.php
  8. ^ https://www.usnews.com/education/best-global-universities/boston-university-164988
  9. ^ https://www.usnews.com/best-colleges/boston-university-2130
  10. ^ https://www.usnews.com/education/best-global-universities/boston-university-164988/overall-rankings
  11. ^ “2017–18 NCAA Division I men's ice hockey rankings” (英語). Wikipedia. (2018年5月14日). https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=2017%E2%80%9318_NCAA_Division_I_men%27s_ice_hockey_rankings&oldid=841175379. 
  12. ^ Rhett” (英語). goterriers.com. 2018年10月26日閲覧。
  13. ^ “List of NCAA Division I Men's Frozen Four appearances by team” (英語). Wikipedia. (2018年3月26日). https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=List_of_NCAA_Division_I_Men%27s_Frozen_Four_appearances_by_team&oldid=832459916. 
  14. ^ “NCAA Division I Men's Ice Hockey Tournament appearances by team” (英語). Wikipedia. (2018年4月8日). https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=NCAA_Division_I_Men%27s_Ice_Hockey_Tournament_appearances_by_team&oldid=835338695. 
  15. ^ “Green Line Rivalry” (英語). Wikipedia. (2018年8月1日). https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Green_Line_Rivalry&oldid=853018215. 
  16. ^ Editor, Nic Hendrickson, Managing (2017年4月29日). “Jack Eichel is the Next American Hockey Superstar - Last Word on Hockey” (英語). Last Word on Hockey. https://lastwordonhockey.com/2017/04/28/jack-eichel-next-american-hockey-superstar/ 2018年11月6日閲覧。 
  17. ^ “America Needs Buffalo's Jack Eichel to Be a Superstar” (英語). Sports. (2017年9月20日). https://sports.vice.com/en_ca/article/9k3amp/america-needs-buffalos-jack-eichel-to-be-a-superstar 2018年11月6日閲覧。 
  18. ^ “BU’s Jordan Greenway is first black player to compete on the US Olympic hockey team - The Boston Globe”. BostonGlobe.com. https://www.bostonglobe.com/metro/2018/02/14/jordan-greenway-first-black-player-compete-olympic-hockey-team/AVNzmvaahE23Vs4YpSRhsN/story.html 2018年8月29日閲覧。 
  19. ^ BU HockeyさんはInstagramを利用しています:「Never in the history of hockey has someone played in the @olympics, the @ncaaicehockey tournament and the @NHL Stanley Cup Playoffs in the…」” (日本語). Instagram. 2018年8月29日閲覧。

外部リンク編集