メインメニューを開く

今村 洋子(いまむら ようこ、1935年3月16日 - )は、日本漫画家。現東京都千代田区(当時は東京市)出身。東京都練馬区在住。日本の女性少女漫画家の草分け的存在。

今村洋子
本名 菅沼洋子
生誕 (1935-03-16) 1935年3月16日(84歳)
日本の旗 日本東京府東京市(現東京都千代田区
国籍 日本
職業 漫画家
活動期間 1952年 -
ジャンル 少女漫画
代表作チャコちゃんの日記』、
ハッスルゆうちゃん
ぺちゃこちゃん
受賞 第6回講談社児童まんが賞
(『ハッスルゆうちゃん』)
テンプレートを表示

子供の日常生活をほのぼのとして快活なタッチで描き、1950年代後半から1970年代中半にかけて多くの作品を発表していた。

父親は貸本漫画家の今村つとむ。弟も同じく漫画家の今村ゆたか

来歴編集

10代の頃から貸本漫画家である父、今村つとむのアシスタントをしており、1952年、単行本『子豚のラッパ』でデビュー。

昭和34年、『少女』誌上に『チャコちゃんの日記』を連載し一躍人気漫画家となる。その後、ハッスルゆうちゃんなど多くの作品を発表し、人気を不動のものとした。特に小学館の学年誌には数多くの作品を連載していた。

1977年、『小学一年生』に連載していた『ぺちゃこちゃん』を最後にしばらく活動を休止。最近は『LACの会』という学習漫画を描いている漫画家たちの集まりに参加し、サイン会や展示会等にもたびたび参加している。

主な作品リスト編集

今までに出版された主な書籍編集

脚注編集

参考文献編集

  • 日本漫画家名鑑500 日本漫画家名鑑編集委/アクア・プランニング

外部リンク編集