メインメニューを開く

今藤綾子

長唄女流三味線の第一人者

今藤 綾子(いまふじ あやこ、1906年2月20日 - 2003年3月29日)は、長唄女流三味線の第一人者。重要無形文化財保持者人間国宝)。本名は志村綾。

いまふじあやこ
今藤綾子
本名 志村 綾
生年月日 (1906-02-20) 1906年2月20日
没年月日 (2003-03-29) 2003年3月29日(97歳没)
出生地 日本の旗 東京府東京市京橋区 (現東京都中央区京橋)
死没地 日本の旗 東京都
職業 江戸長唄三味線
活動期間 1909年 - 2002年
活動内容 江戸長唄三味線
配偶者 夫・志村政之
著名な家族 父・二代目今藤長十郎
弟・今藤長十郎 (三世)
長女・今藤文子
受賞
1959年-芸術祭賞受賞。
1961年-芸術祭賞受賞。
1979年-紫綬褒章受章。
備考
1987年-重要無形文化財保持者人間国宝)に認定される。

東京市京橋区 (現東京都中央区京橋)出身。父は二世今藤長十郎。長女は今藤文子。弟は今藤長十郎 (三世)。姪が今藤長十郎 (四世)。 歌舞伎俳優の市川團十郎 (11代目)松本白鸚 (初代)尾上松緑 (2代目)は従兄弟になる。

目次

経歴編集

  • 1906年2月20日 - 東京都中央区京橋で二世今藤長十郎の長女として生まれる。
  • 1909年 - 初舞台。翌年「面かぶり」を唄う。
  • 1919年 - 父二世今藤長十郎の代稽古を務める。
  • 1920年 - 初代杵屋五三吉に入門。
  • 1929年 - 東京音楽学校東京芸術大学)で洋楽の鳥居ナツと創作活動する。
  • 1932年 - NHKの文化財ライブラリに古典復活、録音と研究活動に参加。
  • 1977年 - 長唄協会相談役に就任。
  • 1987年 - 「今藤綾子の会」を開催。秘曲を復活上演する。(1995年まで継続して開催)
  • 2000年10月24日 - 国立劇場で開催された、弟、「今藤長十郎 (3世)17回忌追善演奏会・今藤会」に出演する。
  • 2001年 - 元旦に放送された、NHK「新春檜舞台」で『松の翁』をタテ三味線を弾く。姪の今藤長十郎 (4世)がワキ三味線を務めた。(収録は2000年暮れ。)
  • 2003年3月29日 - 死去。享年97。

受賞等編集

受賞
その他

家族編集

参考資料編集

  • 週刊人間国宝 長唄編 2006年 朝日新聞社
  • 邦楽と舞踊 9月号 2010 (平成22)年 (株)邦楽と舞踊出版社