メインメニューを開く

京橋 (東京都中央区)

東京都中央区の地名

概要編集

「京橋」の地名の由来は、かつて存在した京橋川に架けられていた中央通り(東海道)の橋である。かつては運河が生活に重要な役割を果たしていたため、橋は地域の象徴的な場所だった。東京15区時代に区名となり、今日でも地名として使用されている。現在、橋は存在しない。

かつてのとしての京橋は、日本橋と並ぶ名橋であった。東海道にて日本橋を出発して京都方向に向かう場合、最初に渡る橋であったため重要な意味合いをもっていた。

街としての京橋は橋の北側に位置する。銀座線京橋駅を中心とした地域である。

 
竹河岸と京橋 歌川広重
 
第一相互館

歴史編集

江戸時代の京橋は、木造で、公儀橋であり、欄干の柱頭部に擬宝珠という飾りがついていた(他に擬宝珠があった橋は、日本橋と新橋のみ)[4]。京橋川の南側には竹を扱う職人が多く住み「竹河岸」が形成されていた。

1874年(明治7年)、金杉橋(現港区)との間にガス灯が設置された[5]。後に、このことを記念したガス灯が南詰に復元されている。

1875年(明治8年)石造りのアーチ橋に架け替えられた。肥後石工である橋本勘五郎が施工。翌年には、京橋から新橋にかけて銀座レンガ街が完成し、京橋はモダンな銀座の北の入り口という位置づけになった。

1878年(明治11年)東京府京橋区が設置された。京橋が地名として認識され始めた。

1901年(明治34年)馬車鉄道軌道複線で併設された大型の橋であったが、交通量の増加が著しいため解体され、幅員18mの鉄橋に架け替えられた。

1921年(大正10年)京橋交差点に第一相互館が完成。京橋地区のランドマークとなる。

1923年(大正12年)関東大震災で銀座レンガ街は壊滅的な被害を受ける。

1932年(昭和7年)銀座線京橋駅が開業した。

1947年(昭和22年)京橋区は日本橋区と合併し中央区になる。

1959年(昭和34年)京橋川が埋め立てられ、それに伴い京橋も撤去された。埋め立て箇所に東京高速道路が敷設された。京橋の欄干の親柱のみ記念碑として残されている。

1978年(昭和53年)の住居表示実施の際に東に隣接する宝町の町域が加わり、今日の京橋の町域となった。

世帯数と人口編集

2019年(令和元年)9月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
京橋一丁目 61世帯 71人
京橋二丁目 95世帯 135人
京橋三丁目 60世帯 76人
216世帯 282人

小・中学校の学区編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

丁目 番地 小学校 中学校
京橋一丁目 全域 中央区立城東小学校 中央区立銀座中学校
京橋二丁目 全域
京橋三丁目 全域

地域編集

公的機関
企業店舗
かつての企業

観光編集

名所
史跡
  • 京橋 - 現在は親柱が残されている。
  • 京橋川 - 現在は埋立てられ、現在は東京高速道路がその上を通っている。
  • 東海道 - 国道15号が該当。
商業施設

交通編集

鉄道
道路
首都高速道路・出入口

京橋(地域)編集

行政としては、中央区本庁の管轄に当たり、京橋地域とは、旧京橋区のうち月島エリアを除いた地域全体を指す(京橋区全域を指す場合もある)。

画像一覧編集

脚注編集

  1. ^ a b 町丁目別世帯数男女別人口”. 中央区 (2019年9月3日). 2019年9月23日閲覧。
  2. ^ 郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月30日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月31日閲覧。
  4. ^ 港区橋物語01 新橋”. 港区ホームページ (2016年3月30日). 2018年7月27日閲覧。
  5. ^ 港区橋物語02 金杉橋”. 港区ホームページ. 2018年7月24日閲覧。
  6. ^ 区立学校一覧”. 中央区 (2017年8月17日). 2019年9月23日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集