今金町立種川小学校

日本の北海道の小学校

今金町立種川小学校(いまかねちょうりつ たねかわしょうがっこう)は北海道瀬棚郡今金町種川に所在する公立小学校である。

今金町立種川小学校
Tanekawa Elementary School 2014.JPG
過去の名称 第三利別簡易教育所
第三利別尋常小学校
目津府尋常小学校
種川国民学校
国公私立の別 公立学校
設置者 今金町
併合学校 第八利別簡易教育所
校訓 清く、正しく、美しく
設立年月日 1899年(明治32年)4月
共学・別学 男女共学
分校 光川分校
学期 3学期制
所在地 049-4324
北海道瀬棚郡今金町字種川369

北緯42度25分17.9秒 東経140度04分10.5秒 / 北緯42.421639度 東経140.069583度 / 42.421639; 140.069583座標: 北緯42度25分17.9秒 東経140度04分10.5秒 / 北緯42.421639度 東経140.069583度 / 42.421639; 140.069583
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

概要編集

種川地区は1894年に入植が始まり、翌年頃より子弟を対象とした私塾が開設されていた。 1899年(明治32年)に第三利別簡易教育所の認可がなされ、半年後には校舎が落成した[1]

昭和期に入り、種川鉱山の採掘により児童数が200人を超える。 1946年には、高等科設置や近隣の合板工場の稼働により400人に迫る児童数となった[1]

その後、過疎化の影響により児童数の減少が続き、2013年現在、町内唯一の複式学級となっている[2][3]。また、小規模特認校制度に基づく特認校である。

沿革編集

  • 1899年4月28日 - 第三利別簡易教育所として開所。
  • 1902年5月1日 - 第三利別尋常小学校に改称。
  • 1927年2月9日 - 目津府尋常小学校に改称。
  • 1934年4月1日 - 高等科を併置。
  • 1941年4月1日 - 種川国民学校に改称。
  • 1947年4月1日 - 種川小学校に改称。種川中学校開校。
  • 1948年4月1日 - 光川分校設置。
  • 1949年4月1日 - 住吉分校設置(住吉小学校を経て、現在は廃校)。
  • 1950年11月15日 - 種川中学校独立校舎へ移転。
  • 1953年7月15日 - 新校舎落成(2代目)。
  • 1966年4月1日 - 光川分校を統合。
  • 1988年3月31日 - 種川中学校閉校。
  • 1984年8月20日 - プール完成。
  • 1986年4月1日 - 複式学級の開始。
  • 1989年12月12日 - 新校舎落成(3代目)。
  • 1990年11月15日 - 新体育館落成。

教育方針編集

人間尊重の精神を基調とし、心身ともに健康で個性豊かな人間を育成する。

  • たくましく健康な子ども
  • 自ら考え、進んでやりぬく子ども
  • みんなと協力し合う子ども
  • 美しさを求め、心のやさしい豊かな子ども

交通編集

  • 函館バス種川小学校前バス停より徒歩約5分。

脚注編集

  1. ^ a b 今金町.(1991)。"今金町史 上巻"
  2. ^ 平成25年度北海道学校一覧について
  3. ^ 今金町教育委員会.(2013) 。"今金町教育かわら版 No.116"